星野源の学歴は?子供時代・中学時代・高校時代・大学時代【学生時代まとめ】

今回は星野源の学生時代についてまとめていきます。

 

星野源の学校はどこ?学歴・学生時代まとめ

俳優やミュージシャンとして活躍中の星野源さんですが、学歴や学生時代のことについて調べてみました。

こちらが星野源さんの学歴や学生時代についてのまとめです。

星野源さんの出身中学や高校が気になりますが、実は中高一貫の所に通っていたのです!

出身中学は「自由の森中学校」で、偏差値は45とまぁまぁです。

そこから内部進学で自由の森学園高校に進学されました。

高校の方の偏差値は48と、中学よりもやや高いですが、内部進学であれば、あまり関係ないですね・・・笑。

今の偏差値、星野源さんが通ってた時期での偏差値と、多少は差があるでしょうが、頭は悪くなかったそうです。

スポンサーリンク

いじめで学校になかなか行けない状況の中でも、しっかりと最低限の勉強を続けていた証拠だと思います。

中学受験は、やはり自宅学習か塾ですかね?

とのことで、出身校は埼玉県の中高一貫の学校だったそうです。

「自由の森」というネーミングがなんだかそそりますね(笑)

 

出身小学校:公立・川口市立前川小学校

星野源さんの小学校は、公立・川口市立前川小学校だったそうです。

星野源さんの出身小学校は、川口市内の公立校の前川小学校です。

実家は八百屋を営んでおり、両親も音楽好きだったことから幼少期から音楽に親しんでいます。

小学校低学年の頃のお気に入りはマイケル・ジャクソンで、ダンスのマネをしていました。

とのことで、星野さんは小学校低学年からマイケル・ジャクソンに親しんでいたそうです。

ムーンウォークとかやっていたのでしょうか?(笑)

小さい頃から音楽が好きだったんですね♪

 

いじめを受けていた小学生時代

そんな星野源さんは、小学生時代にいじめを受けていたそうです。

小学校3年生の時のマラソン大会を機に、学校に馴染めなくなっています。

「ボクらの時代」でも語っていますがこのマラソン大会の際に、星野さんは「大」を漏らしてしまって、以降はあだ名も「う〇こ」となってしまいます。

そのためそれをきっかけにイジメられたこともあって、普通に同級生と普通に自分の気持ちで話せなかったとも言っています。

(小学3年生の頃)

だそうです。

「う○こ」って呼ばれるのはかなりウザいですね。

先生は注意しなかったのでしょうか?

私が小学生の頃、う○こを漏らした同級生がいたとしても、さすがに可哀想だからと誰もからかったりしなかったので驚きです。

 

いじめが原因でパニック障害に

星野源さんは、いじめが原因でパニック障害になったことがあるそうです。

情熱大陸で語られたのですが、デビュー前に星野源さんはパニック障害を患っていたそうです。

小学校時代にいじめにあっていた星野源さん。

それが原因でパニック障害を発症し、精神安定剤を服用していた時期がありました。

高校生になっても症状は改善されず、不安神経症にまで症状が進行し、遂には家から外に出ることもできなくなってしまったそう。

立ち直るきっかけとなったのは、植木等さん率いるクレイジーキャッツの名曲「だまって俺についてこい」だった、と語っていました。

とのことです。

「デビュー前にパニック障害を患っていた」「クレイジーキャッツの〝だまって俺についてこい〟が立ち直るきっかけとなった」ということは、現在パニック障害は完治されているようですね。

いじめは悪以外のなにものでもないということですね。

 

星野源の中学時代の画像!出身中学校:私立・自由の森学園中学校【偏差値は46】

星野源さんの出身中学校と、中学生の頃の写真を見ていきましょう。

出身中学校:自由の森学園中学校 偏差値46(やや容易)

星野源さんは中学校は、私立の共学校の自由の森学園中学校に進学しています。

同校は系列の高校も含めてテストによる序列化をおこなわないため、定期テストがなく、成績も自己評価、制服や校歌、校章もなく、まさに自由でユニークな校風で知られています。

髪型の規制などもなかったことから、星野さんも中学時代は髪を腰あたりまで伸ばしていたこともありました。

中学1年生の時にギターをはじめて、中学3年生の時にオリジナルの歌詞を作っています(本人の記憶によれば高校1年生の時の可能性もあるとのこと)。

小学校時代のトラウマから当初は学校でもあまり笑うことができませんでしたが、無理して笑っているうちにだんだん笑えるようになりました。

星野さんは中学校では演劇部に入部したかったのですが同校には演劇部がなかったことから、友達と自主的に演劇をはじめていました。

だそうで、かなり自由な校風の中学校に通っていたそうですね。

パニック障害だったということもあり、当時の星野さんにぴったりの校風だったのではないでしょうか。

また、楽器や作詞、演劇を始めたのも中学生の頃だったみたいですね。

その頃の過ごし方が今の星野さんに繋がったのかもしれませんよね。

 

星野源の高校時代の画像!出身高校:私立・自由の森学園高校【偏差値は48】

お次は星野源さんの高校時代の画像と出身高校について見ていきましょう。

出身高校:埼玉県 自由の森学園高校 偏差値48(やや容易)

星野源さんは中学校卒業後は、系列の自由の森学園高校に内部進学しています。

中学校と同じく、同校もかなり自主性を尊重している教育方針で大学進学率も半数程度ですが、立教大学や学習院大学などの難関大学へ進学する卒業生もいます。

またこのような校風からか、俳優やミュージシャンになる卒業生が多いことで知られています。

高校2年生の時に、星野さんは後に入団することになる劇団大人計画の松尾スズキさんの公開クラスを受講しています。

当時は小学校の時のトラウマでパニック障害を患っており、高校3年生の時には不登校気味になったこともあります。

高校時代もかなり内気な生徒だったようですが、家族の支えなどもあって、無事に高校は卒業できたようです。

また高校でも音楽を続けており、この自由の森学園の6年間はその後のルーツになったようです。

ただし中学・高校時代は女子と話をするのが非常に苦手だったそうです。

なお後にバンド「SAKE ROCK」を共に結成することになる伊藤大地さんと野村卓史さんは高校の1学年先輩で、浜野謙太さんは1学年後輩です。

(左が中学時代、右が高校時代)

だそうです。

写真を見る限り、星野さんは真面目そうな少年といった印象を受けますね。

音楽や演劇は続けていたらしく、現在の星野さんがあるのは、やはりこの学校で過ごしたことがルーツになっているのでしょう。

パニック障害で不登校になった時期があったそうですが、乗り越えられたそうで、無事卒業できてめでたしです♪

 

自由の森学園は自由な校風で有名

星野源さんが通っていた「自由の森学園」は自由な校風で有名だそうですが、具体的にはどのような校風なのでしょうか?

それについて調べてみたところ・・・

自由の森学園は1985年の創立以来一貫して学力偏重の画一的な教育にアンチテーゼを唱え、「定期テストを行わない」「数字で成績をつけない」など、独特な教育方針をとっていることで有名な学校。

長男が通っていた縁もあり、菅原文太が理事長を務めていた時期もある。

そんな自由な校風ゆえ、卒業生はバラエティに富んでおり、SAKEROCKの元メンバー(星野源、浜野謙太、田中馨、伊藤大地、野村卓史)はもちろん、永積タカシ(ハナレグミ、元SUPER BUTTER DOG)、日暮愛葉(SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER)、タレントのユージ、『ブラック・ラグーン』(小学館)の著者である漫画家の広江礼威、『北の国から』(フジテレビ)でおなじみの吉岡秀隆など、クリエイティブな職種を選ぶ人も多い。

星野自身は、ウェブサイト「日経ビジネスオンライン」(2012年12月4日付)に掲載されたCMプランナー・澤本嘉光との対談で、出身校の特殊な校風をこのように語っている。

「自由の森は、中高一貫の学校なんですけど、雰囲気は大学みたいなんですよ。

私服だし、中学は単位が必要ないので、授業に出なくても卒業できるという。

本当は授業には出なきゃいけないんですけど」

「授業に出ないと、もちろん先生は怒るんですけど、僕は授業中にずっと、ギターの練習とか芝居のけいことかをやっていたので」

自由の森学園では主要5科目を中心に据えた詰め込み型の序列教育ではなく、自分自身で考える力を生徒に身につけさせることを目標にしており、前述した通り、一般的な学校で行われる定期テストはなく、授業を受けた生徒が書いたレポートに教師がコメントを添えて返すかたちで学習進度の区切りを付けている、という。

さらに表現教育に重きを置いているところも特徴的で、音楽は中学から高校まで6年間必修、美術でも一般的な絵画の授業のみならず、大工や染織といった分野を選ぶこともできる。

卒業生にクリエイティブな職種の人が多いのも、こういったところに理由があるのだろう。

ただ、星野源は同じ埼玉県出身とはいえども、川口市の出身で飯能市とはかなり距離がある。

片道2時間もかけて通学していたらしいが、それでも自由の森を選んだのには、こんな理由があった。

「すごく内気な子供だったんです。

スポンサーリンク

小学校のときに内気すぎて、親が、「これで普通の公立中学に行ったら、いじめられるかもしれない」と心配したんですね。

小学校のとき、若干ちょっといじめもあったので、それで神経性の腹痛によく罹って、通学路の途中までしか行けない、みたいになっていたんです。

一時期は毎朝、途中にあるスーパーのトイレに寄ってから行く、みたいなのが日課で。

それで遅刻が多かったので、これで公立はやばいぞ、ということで、親が見つけてきてくれたのが自由の森だったんです。

ここなら遅刻しても大丈夫だという」

「遅刻しても大丈夫な学校」という理由はなかなか突飛だが、一方で、学校の教育方針に惹かれて入学を決める人もいる。

“ハマケン”こと浜野謙太は神奈川県の実家を出て寮生活をしてまで自由の森に通った。

その理由をウェブサイト「CONTRAST」のインタビューでこのように語っている。

「自由の森学園はアンチ序列教育の人たちが集まるんです。

「今の学校のシステムはおかしいんじゃないか?」っていうポリシーを持った子どもたちが集まって、自分たちが思う学校像を作る学校というか(中略)幼なじみの女の子がいるんですけど、その子が自由な校風の学校を受けるって話してくれて。

社交辞令で「面白そうだね。今度、資料とか見せてよ」なんて言ったら、住んでた団地でその子のお母さんはカリスマ的なお母さんで、それがウチのお母さんの耳にも入って。

「謙太は序列教育へのアンチテーゼを掲げる高校に入りたい意志を持っている。

親としては大学に進学してほしいけど、ここは謙太の意志を汲み取って、その学校に行かせてみよう」なんていう話になってて、親に火が点いちゃったんですよ(笑)」

偏差値と有名大学進学率ではなく、アンチ序列教育・自由な校風を重視する。

そういう学校の選び方があることは子どもの選択肢の幅を広げることにつながると思うが、他方で保守メディアからは「生徒の管理がなっていない」「校内でタバコが黙認されている」「無断遅刻や無断欠席がまかり通っている」などとバッシング対象にもされてきたのも事実だ。

では、こうしたバッシングを生徒はどう受け止めているのか。

自由の森学園の卒業生に話を聞いてみると、あっけらかんとした返事が返ってきた。

「たしかに管理はなってないです(笑)。

授業に出ないと『教室入りなよ~』って先生からは言われるけど、僕は授業中にずっとギターの練習とか芝居のけいことかをやっていたし、授業に出なくても卒業はできました。

僕が通っていたとき校則は3つしかなくて、『学内でスケボーしない』『学内でタバコを吸わない』『校舎内は土足厳禁』、これだけでした。

それでも、タバコを吸っているところを先生に見つかっても注意されるだけで停学とかにはならなかったし、『土足厳禁』に関しては生徒が誰も上履きに履き替えないので途中から靴箱がなくなって土足もOKになっていました。いまがどうかはわからないですけど」

学校に子どもの管理・監視を求める人々が聞いたら卒倒しそうな内容だが、しかしこの卒業生は「何でも自由にやらせてくれるからこそ、自由がもつ『責任』を学ぶことができた。

自ら考えて選択する。

受け身ではなく、自分から考えて行動する。

そういう力を身につけることができたのはあの学校だったから」と言う。

唯一、彼は苦労したこととして「厳しい上下関係を知らないままだったから、社会人になって敬語がなっていない!と怒られたこと(笑)」と語ってくれた。

じつは、星野源も同じようなことを語っている。

「それでも先生は、「本当にお前がやりたいんだったらいい。ただし後で後悔するのはお前だよ」と、言っていました。

とにかく何もかも自己責任なんです。

授業に出なければ先生はもちろん怒るけど、別に罰は加えられないし、退学にもならない。

ただ、やっぱり今、すごく後悔しているのは、勉強しなかったことで、ここに来て、本当に罰を与えられている感があります。僕は本当に知能が低いというか…」(前掲「日経ビジネスオンライン」)

このように星野は後悔をしているようだが、しかし、「勉強ができること」と「知性」はまったく別のものだ。

そして、たとえ勉強ができなくても、人々を惹き付ける音楽や演技、文章を発表できる「才能」と、物事を俯瞰で捉え普通の人とは少し違う見方で切り取る「感性」は、自主性を重んじる中学や高校で受けた独特な教育にきっと素地があるだろう。

既製の学校教育に対してオルタナティブを提唱する。

そんな学校から、新しいタイプのクリエイターがこれからも登場することが楽しみだ。

だそうで、いくら自由な校風とはいえ「数字で成績をつけない」などは少し驚きですよね。

しかし、私も高校は単位制の高校に通っていたので、風紀自由、時間割は自分で組める、自己責任という校風だったためか、共感できる部分もあります。

私の場合は芸術分野(美術、音楽)と国語が非常に得意でした。

周りからは「勉強しなくてもできる分野」だと笑われたこともありましたが、勉強しても芸術分野の成績を上げられない人が何を言っているのだろうと思っていました(笑)

そして、このタイプの人はマイペースで干渉されるのが苦手な性格の人が多い気がするので、きっと自由な校風が合っているのでしょう。

自由な校風だからクリエイターを多く生み出せているのではなく、星野さんのようなクリエイター気質の人達が集まる学校なのかもしれませんね。

また、自由な校風では逆に、自分を律することができずに堕落していってしまう「元優等生」も多くいたので、教育が良いか悪いかという論点ではなく、合うか合わないかだと私は思います。

 

高校時代にバンド活動に誘われる

星野源さんが高校時代にバンド活動に誘われたという噂があるそうです。

それについて調べてみたところ・・・

星野源さんは高校卒業後、バンド活動に専念したため大学には進学していません。

当初は大阪芸術大学への進学を希望していましたが、大学受験に失敗しています。

その後は東京中野区の沖縄料理店で6年間アルバイトをしながら、音楽活動などを本格的に開始しています。

そしてインストメタルバンド「SAKEROCK」で成功を収めますが、実はそれと並行して高校を卒業してからは様々な劇団のオーディションを受けています。

現在では俳優もこなすミュージシャンとして知られる星野さんですが、もともとは俳優もミュージシャンもどちらも志望していたのです。

とのことで、星野さんが高校時代にバンド活動に誘われたという情報は見つかりませんでしたが、卒業後にバンド活動に専念したという情報はたくさん見つかりました。

SAKEROCKは星野さんが出身校のメンバーを集めて結成したそうです。

 

大学時代:大学には進学していない

星野源さんは大学には進学していないそうです。

高校を出た後の星野さんは、大学受験を受けますが、失敗したそうです。

落ちた大学は大阪芸大だったようですが、さすかに高校に通えなかったハンデが大きく出たのでしょう・・。

星野さんは高校3年生の頃に一時期「パニック障害により学校を休みがちになった」そうで、そのことが大学受験に響いたのではないかということだそうです。

 

大学受験に失敗し実家を出る

星野さんは「大学受験に失敗した後家を出た」と噂があるそうです。

それについて調べてみたところ・・・

大学受験に失敗して実家を出た星野は、東京・中野の沖縄料理店「あしびなー」でアルバイトを始める。

だそうで、星野さんは大学受験に失敗した後、東京に出て沖縄料理店でアルバイトをし、一人暮らしをされていたそうですね。

 

【下積み時代】アルバイトで6年間生活

星野源さんは沖縄料理店で6年間アルバイトしていたそうです。

星野さんは中野にある沖縄料理「あしびなー」でアルバイトしてたそうですが、その期間がなんと6年間!

19歳から25歳までということで、もしかしたら、このお店以外にバイトの経験はないのでしょうか?

普通、若い子といったら、バイトの1件や2件平気で辞めたり、ばっくれたりすると思いますが、そこはさすが真面目な男ですね!

今では星野源さんのファンがお店を訪れるということで、お店のご主人も、かなり助かっているようです。

星野源さんの下積み時代は、嵐さんに曲を提供したり、ウォーターボーイズのサントラと出演を担ったり、かなり大きな仕事をしているのがわかります。

阿佐ケ谷で一人暮らしをしながら、沖縄料理屋でバイトに明け暮れてましたが、当時はお金がなく、お客さんが残したパスタを食べたりお店の塩をもらって、家でご飯にかけて食べていたそうです。

実はかなりの苦労人・・・。

とのことで、星野さんはアルバイトをしながら音楽活動をしたり、劇団のオーディションを受けていたそうです。

その時期にお客さんが残したパスタを食べていたなんて、涙ぐましい苦労ですよね。

それを乗り越えたからこその今ということなのでしょう。

人生山あり谷あり。

 

星野源がまさか「学校へ行こう!」に出演していた?

星野源さんがまさかの「学校へ行こうに出演していた」との噂があるそうです。

それについて調べてみたところ、それに関する情報は見つかりませんでした。

 

星野源は第89回選抜高等学校野球大会入場行進曲「恋」で有名

星野源さんの楽曲「恋」が、第89回選抜高等学校野球大会入場行進曲として有名だそうです。

それについては、2017年1月の記事にこのように書かれていました。

星野源の大ヒットシングル「恋」が、3月19日から阪神甲子園球場で開幕予定の『第89回選抜高等学校野球大会』の入場行進曲に決定した。

“春のセンバツ”の愛称で親しまれ、広く社会に定着している同大会。

開会式での入場行進曲は第1回大会(1924年)から始まり、第34回大会(1962年)の「上を向いて歩こう」から毎年、「その前年に広く社会に親しまれた曲、その年を象徴するような曲」を対象に選定しており、楽曲を行進曲にアレンジし、開会式の各校入場時などに使用される。

2016年を代表する楽曲として広く認められ選出された「恋」が、春の甲子園を熱く彩りそうだ。

とのことで、星野源さんの楽曲「恋」は、第89回選抜高等学校野球大会入場行進曲として使用されたそうですね。

確かに星野さん楽曲は年代問わずに親しみやすいサウンドなので、選ばれるのも頷けます。

星野さん自身も、とても喜ばしいことだとコメントされていました。

ということで、これからも星野源さんの活躍に期待したいところですね♪

以上、星野源の学生時代のまとめでした。

<スポンサーリンク>

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)