豊田陽平の嫁の画像は?ふくらはぎの鍛え方は?センチ?2016年の髪型は?

サッカー元日本代表の豊田陽平さんについて調べてみました!

豊田陽平さんてどんな人?

石川県小松市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・サガン鳥栖所属
ポジションはフォワード元日本代表。マネジメントはエイベックス・スポーツ株式会社。

中学時代までは積極的にサッカー選手を目指していたわけではなかったが、高校受験に失敗。
結果的に地元石川県の強豪校である星稜高校へ進学したことで、本格的にサッカー選手としての道を目指すことになる。
在学中のスポーツ測定記録では、母校の星稜高校の先輩である松井秀喜(元プロ野球選手)の記録を複数項目で更新。
一学年後輩に本田圭佑や橋本晃司がいる。

高校時代、後輩の本田圭佑選手には「トヨ」と言われ、豊田選手は、本田選手を「本田くん」と呼んでいたそうです。

豊田選手本田選手には、こんな話も、、、

恩師の星稜高(石川)サッカー部・河崎護監督によると、豊田はピッチ外でも活躍が期待できるという。どういうことか。

圭佑は昔からトヨには頭が上がらない
それを考えれば、圭佑が少し先走っていたとしても、トヨは『何やってんだ』と言って止められる存在になる。
佑はトヨの言うことはよく聞くから」02年4月に星稜高サッカー部に入部した本田は一つ年上の豊田を見て「この先輩にはかなわない」と漏らしたという
パワー、ジャンプ力、フィジカルの強さなど差は歴然で、河崎監督は「結局トヨが卒業するまでの2年間で圭佑が『勝った』と思った瞬間は、なかったんじゃないかな」とも明かす。

本田圭佑選手にとってかけ替えない先輩なのですね。

プロの経歴は?

2004年 – 2008年  名古屋グランパスエイト
2007年 – 2008年   モンテディオ山形 (期限付き移籍)
2009年 – 2011年  京都サンガF.C.
2010年 – 2011年  サガン鳥栖 (期限付き移籍)
2012年 –       サガン鳥栖

2008年、北京オリンピックで日本代表に選出され全3試合に出場。
【ナイジェリア戦】では、途中出場でも大会を通してチーム唯一の得点を決めました

スポンサーリンク

嫁はどんな人?

豊田陽平選手は、京都サンガに所属していた2009年に結婚
奥さんは、一般の方のようで、残念ながら画像は出てきませんでした
ただ、豊田選手の奥さんが作ったとされる食事の写真がありました!
それが、こちら!!

スポンサーリンク

とっても美味しそうですね!
品数も多く、お料理上手なんでしょうね!

子供は?

お子さんは2人いらっしゃるようです。
2011年に第一子誕生。
2015年に第二子誕生。

2015年10月に、第二子が誕生した際、初めて出産に立ち会い、生命力の強さを感じた。
産みの苦しみというのか、妻は思った以上に大変そうに見えてしまい、不思議と泣きたい気持ちになったという。
妻に声をかけるタイミングが分からない大男は、腕がつりそうになるまで、うちわを扇ぎ続けた。
そうやって子どもが産声を上げたとき、自然と妻に感謝することができたという。

ちなみに、豊田選手ご自身は、4,000gの大きな赤ちゃんだったみたいです!

ふくらはぎがすごい!?

豊田選手のふくらはぎがムキムキと話題なんです!
ふくらはぎの画像がこちら!

石のように堅そうな、ふくらはぎです!
【ジャンクSPORTS】では、ダウンタウン浜田さんに「ししゃものような足」と言われていました!

どんな風に鍛えてる?

様々なトレーニングをしていると思いますが、その一つが、重りのついた板をあげる、ウエイトトレーニング。
かなりの負荷が、かかっていそうです!
日々の努力が、あのふくらはぎを作るんですね!

ふくらはぎは何センチあるの?

具体的にサイズがどのぐらいあるかという情報は出てきませんでした。

同じサッカー選手でも、あんなに太いふくらはぎの選手はなかなか見つけられなそうです。

話題になった髪型?

実は、2016年に話題になった豊田選手の髪型があるんです。
話題になったのは「おばちゃんみたい、、、」という理由。
その髪型がこちら!

そんなに【おばちゃん感】はないですが、ボリュームはありますね。
髪型にはこだわりがあるという豊田選手。
まさか、おばちゃんみたいという理由で話題になるとは思ってもいなかったでしょうね。

過去には、こんな髪型も!

だいぶ、雰囲気が違いますね!

現在、32歳(2017年)の豊田選手。
【サガン鳥栖】で活躍中。

2017年の意気込みをこんな風に語っています。

正直、個人タイトルとかは目指していません。チームタイトルを突き詰めて挑みたい。
なぜなら、やっぱり10年先、歴史に残るのはチームタイトルだと思うんです。
『あの時、鳥栖は優勝してすごかったね!』とずっと残るでしょう。
もちろん、勝利するために自分のゴールが必要ならそれに挑みます。
でも、自分としては今までと同じように、犠牲の精神でチームのためにできることをやるだけ
このチームにタイトルを残したいですね」

これからも、現役で頑張ってほしいです!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.