千葉真子の旦那・桜川雅彦は年収800万円!4人家族を支えるのは嫁の収入か。

元陸上選手・千葉真子さんの結婚相手は競輪選手なんですよ!?その旦那さんについて、詳しく書いていきます。

 

千葉真子の旦那は桜川雅彦

「千葉ちゃん」の愛称で親しまれ、「アニメ声のマランソンランナー」として人気だった千葉さん。
現在はタレントとしても活動していますが、旦那さんが話題です。

千葉さんは2011年12月8日、8歳年下の競輪選手桜川雅彦と結婚したことを発表しました。旦那さんの簡単なプロフィールはコチラ。

 

生年月日:1984年06月23日
出身地:千葉県成田市
職業:競輪選手

 

千葉さんは、「マラソン大会やイベントに参加すると、皆さん家族で来られている。うらやましくて“いつか私も”って夢を見てた。夢が叶って、今は穏やかな気持ちでいます。」と頬を赤らめた。

2人は昨秋、知人の紹介で知り合い、ほどなく交際がスタート。今秋にプロポーズされた。年明けにも近親者のみでの挙式を予定している。桜川は高校卒業後、会社員を経て24歳で競輪学校に入学。今季デビューした。

 

当時桜川さんはプロデビューしたばかりで、立場的にも千葉さんが「姉さん女房」と言われていました。2012年に第1子(女子)を、2014年に第2子(女子)を出産しています。いわゆる「授かり婚」だったようですね。

 

桜川雅彦との馴れ初め

千葉さんとの出会いは、100人ほどが集うバーベキューパーティーでした。お互いアスリートとして意気投合し、結婚に至りました。

スポンサーリンク

結婚当初は桜川さんの実家に住んでいましたが、現在は実家から200mほどのところに千葉さんが全て考えて家を建て、そこに住んでいます。

 

年収は800万円!

旦那さんの年収ですが、2014年6月に千葉さんが出演したテレビ番組で、年収800万円だと話しています。そこまで驚くほどもらっているわけではなさそうですね。

スポンサーリンク

そもそも競輪選手って普通どれくらいもらえるものなのでしょうか?

 

競輪選手の年収の全体平均は、1,300 万円ほど。平均年収推移は400 万円~7,200 万円となっています。新人で、最初の稼ぎは400万程度と言われています。

しかし、2010年賞金王は村上博幸選手で、年棒2億4,000万円ほどで、トップクラスになれば1億超えもありえます。

現在、桜川さんが所属しているA級3班選手の平均年収が6~800万円ほどなので、この中ではかなりいい方の収入だと思われます。

しかし、半分は練習やトレーニング代に消えるようなので、桜川さん1人の年収では4人家族を養うのは難しそう。。。一方、タレント活動もしている千葉さんなら、もっともらってそうです。

もしかしたら2~3倍稼いでいるかもしれません。

市民マラソンのゲストランナーでもだいたい1レース200万、マラソン解説は1回30~40万円ほどもらえますからね。千葉さんほど知名度があればずいぶんと稼げるでしょう。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.