君嶋愛梨沙はハーフ!父親がアメリカ人で母親は日本人!髪の毛が薄くてハゲかかっていると噂

ボブスレー選手の君嶋愛梨沙さんにハーフ疑惑が出ています。

 

君嶋愛梨沙はガチハーフ!

1995年生まれの君嶋愛梨沙。

速攻で結論を言いますが、彼女はハーフです。父親はアメリカ人で母親は日本人です。

 

元々はボブスレー選手ではなく陸上選手だった

現在、ボブスレー選手として活躍している君嶋愛梨沙ですが、当初は陸上一本で頑張っていました。しかし、大学の先生のススメで、ボブスレーにも挑戦する様になったんですよね。

陸上を始めたきっかけは、中学校の時に先生のススメ。それ以降、次から次へと成績を残しています。

ボブスレーを勧められたのは、日体大での選手発掘テスト。

陸上の成績が戻りつつあった矢先の話で、そりを後ろから押すブレーカーに選ばれたが、何度も断ったんです。

ですが、相手の熱意にやられた結果、ボブスレーと陸上の二刀流選手になったんです。

「正直、二刀流は大変。この春はボブスレーが終わったら長い休みもなく陸上に戻った」と過去、その苦労を口にしています。

 

髪の毛がハゲかかっている?

放っておけい!って感じですが、、、、ぶっちゃけ、私も気になる話題。年頃のお嬢さんにはとても失礼な話題に感じますが、実際、このワードでの検索も多いんです。

スポンサーリンク

さっそく、画像で検証してみましょう。

どうでしょう?

スポンサーリンク

ハゲているわけではなく、おでこが広いように見えませんか?また、お父さんがアメリカ人とのことで、きっと髪質の問題があるのかなと思いますね。

 

君嶋愛梨沙のちぢれ髪質の源は父親

君嶋愛梨沙の写真を見る限り、ちょっとチリチリしているように見えますね!お父さんと思われる写真も見つけました。

こちらは、幼少期の君嶋愛梨沙です。アメリカ人のお父さんの髪の毛の遺伝を受け継いでいるように感じますね。

 

黒人は黒くて縮れ毛、白人は柔らかいブロンド、日本人は黒い直毛が基本。

人種による髪の毛の違いがなぜあるかといえば、一番の原因は暮らしている地域によって異なる紫外線の量にあると言われています。

人間の髪は、紫外線から頭を守るという大切な役割を果たしていて、例えば、紫外線の量が多い赤道付近の人たちは、黒くて太い縮れ毛、少ない国の人たちは細くて柔らかい髪という特徴を持っています。

人類誕生以来、長い年月を経て、暮らす場所に合う髪質になっていったと言われています。

 

アメリカ人のお父さんは、黒くて太い縮れ毛。ハーフだとしても、その髪の毛の遺伝は強く出るものですから、髪質は父親の遺伝と見てよいでしょう。

 

現在も陸上選手、ボブスレー選手として活躍しているので、髪の毛への紫外線は一般の人よりも、たくさん浴びているという点も挙げられます。

髪の毛へのダメージなどもあると思うので、そういうこともあるかもしれませんね!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.