Anitubeが見れない!最新解決法&代わりの無料フル動画視聴サイトまとめ。

今回は、Anitubeが見れないことに対する最新解決法や、無料フル動画視聴サイトについてまとめていきます。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)とは何か?無料海賊版サイト?

Anitube(アニチューブ・あにつべ)というサイトをご存知でしょうか?

「無料でアニメが見られる!」といった動画サイトだそうですが、巷では「無料海賊版サイト?」との噂もあります。

実際はどのようなサイトなのでしょうか?

それについて調べてみました。

anitubeとは、簡単に言えばアニメに特化したyoutubeのようなもの。

ポルトガルで運営しており、日本のアニメも無料で見放題のサイトである。

無料でアニメが見放題ということで、一部のアニメファンからは莫大の支持を受け、一日平均5万以上ものPVを集める人気サイトである。

スポンサーリンク

ただ、著作権等の観点から見れば非常に黒に近いグレーなサイトで、常々閉鎖が予期されており、本日サイトにアクセスできなくなったことから、ついに閉鎖したのではないかとの話が急浮上したのである。

だそうで、ポルトガル語で運営しているアニメ版Youtubeのような動画サイトということですね。

無料で見放題だなんて、アニメ好きにはたまらないサイトなのではないでしょうか?

そして気になる「Anitubeは海賊版なの?」についてはこのような情報を見つけました。

動画海賊版サイト「Anitube」は、政府から漫画村などとともにサイトブロッキング対象として名指しされた一つ。

だそうで、Anitubeに関しては様々なところで「海賊版だ」と言われていることは間違いないようですね。

 

現在、Anitube(アニチューブ・あにつべ)は閉鎖されて見れない?再生エラーになる?

そんな大人気動画サイトのAnitubeですが、「再生エラーになる」といった噂が話題になっています。

まさかの閉鎖!?と心配する声も多数挙がっているそうなので、エラーに関して調べてみたところ・・・

残念なことですが、AniTubeで動画を見るときは、Error loading media: File not found、Error520 、Error521といったAniTubeエラーメッセージが表示され、PCとiPhoneでアニチューブ見れない/再生できなくなることは多く発生しているようです。

PCとiPhoneでアニチューブ見れない/再生できないことで、AniTubeは危険かウイルス感染かといった噂話も出てきます。

実際にAniTubeで動画を見ることでウイルスに感染した人は見かけたことがないです。

AniTubeでは広告は多いけど、広告を見るだけでウイルス感染はしないし、視聴するだけで危険な目にあうことはないと思います。

ですので、AniTubeエラー頻発の原因はほかにあります。

だそうで、Anitubeの動画が再生エラーになる原因は、ウイルス感染したからではないそうですね。

ちなみにエラーメッセージにまつわる噂については、下記の情報が参考になるのではないでしょうか。

サーバーが不安定でAniTube見れない。

AniTubeは1日100万人以上の人が利用しているサイトだから、何かのアニメが爆発的に人気になって、いつもよりアクセスが集中してしまい、サーバーが耐え切れなくなってしまうことは容易に考えられるよね。

Error loading media: File not found、Error520、Error521、Error522のようなメッセージはAniTubeエラーの原因となるサーバーの負荷が増加している時に起こることが多いです。

2018アニチューブ見れない解決法として、しばらくは時間を置いて、アクセスしないなどの対処をユーザー側はするしかありません。

運営者側ができる対策としては、サーバーを強化するか、リクエスト数を少なくしたり、キャッシュ処理を多く持たせておく、などなど対策方法があります。

だそうで、「Error loading media: File not found、Error520、Error521、Error522」などのメッセージがでた場合は、サーバーの負荷が増加しているときに起こることが多いということです。

せっかく楽しみに動画を見にきているのに、エラーメッセージが表示された時点でテンションガタ落ちですよね・・・。

くっそ~!!

と思いながらも、ユーザー側はしばらく時間を置いたり、アクセスしないなどの対処が必要とのことです。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)にアクセスできない、繋がらない!というユーザーが続出!

Anitubeにアクセス自体できない、繋がらない!というユーザーが続出しているそうです。

それについて調べてみたところ・・・

サイトにアクセスすると、「エラー521」などと表示され、コンテンツが見れない状態になっている。

エラー521というのは、サーバーエラーの一種。サーバーがダウンしていたり、アクセスを拒否されたときに表示される。

アクセスが殺到したというより、サイバー攻撃を受けていると思われる。

この騒動に対し、ネット上では「やったぜ」「ひまわり潰せよ」と歓喜する一方で、利用者から悲鳴や再開を望む声が上がっている。

だそうです。

さきほどいくつかのエラーメッセージに関して取り上げましたが、その中の「エラー521」というメッセージは「サイバー攻撃を受けている可能性が高い」ということですね。

また、Anitubeは一部の純粋なアニメファンから嫌われているそうで、Anitubeにエラー表示が多くなるたびに、一部のアニメファンが歓喜しているそうです・・・。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)は規制されて、まさかの終了?

Anitubeがついに「規制されて終了!?」との噂が話題になっているそうなので、それについて調べてみたところ、ツイッターではAnitubeの話題について、様々な意見がツイートされていました。

・「Anitube見れないとかないわ、規制厳しくなってるから他のサイトもアップ率も低下してるし
ショックでしかない。

有料で見るかって言われたら見ないし、閉鎖しても売上にならない、むしろマイナスだと思うからやめて欲しいわ、もっと他のことして、政府…」

・「やっとanitubeに規制かかったか(^^;いいね♪」

・「規制賛成だぜ?そりゃ違法だしな。

ただ中高生のアニメオタクは減るだろうな。

何故なら、自分の部屋にテレビがない子供はアニメが見れなくなるからだ。

俺の部屋にはテレビが無かったから座敷でガルパン見てたけど親父が来てアニメなんて観るなと、勝手に回された経験がある」

とのことで、Anitubeに規制がかかったことは間違いないでそうですね。

また、Anitube規制に関しては賛否両論あるとのことです。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)の閉鎖理由&海外の反応

Anitubeが規制されたという噂がありましたが、その理由は一体何だったのでしょうか?

それについて調べてみたところ・・・

政府は2018年4月13日、「漫画村」など3つの海賊版サイトに対するアクセス遮断をインターネット事業者(プロバイダー)が自主的に実施することを促す決定をした。

閣議後に開かれた「知的財産戦略本部会合・犯罪対策閣僚会議」で緊急対策を決めた。

対象となるのは、漫画の海賊版サイト大手の「漫画村」と、アニメ・テレビ版の海賊版サイト「AniTube! 」「MioMio」と、その類似サイト。

児童ポルノサイト以外でのアクセス遮断を政府が認めるのは初めて。

内閣府知財本部は「数ある海賊版の中でも特にアクセス数や被害額が大きいと見られることから、刑法上の緊急避難を適用してサイトブロッキングしていいという方針となった」と話している。

だそうで、どうやらAnitube閉鎖の理由は「知的財産を守るために、政府がアクセス遮断を認めたから」だそうですね。

このニュースを見たAnitubeファンは非常にショックだったのではないでしょうか。

しかし、一方では喜んだ人達もいたことでしょう。

そしてAnitubeは世界中からアクセス可能ということで、Anitube閉鎖に関する海外の反応を調べてみましたが、海外の反応についての情報は出てきませんでした。

ですが、海外にも日本のアニメファンはいるので、Anitubeを見ていた海外の人達は、日本ユーザー同様、きっと悲しんだに違いないのではないでしょうか。

 

日本政府が不正海賊版サイトを遮断要請

Anitubeに対し、児童ポルノサイト以外のアクセス遮断を政府が認めるなんて、ちょっとびっくりしますよね。

それほど被害が大きかったのでしょうか?

日本政府の遮断要請に関してもう少し詳しく見ていきましょう。

今回、政府が遮断が適当として具体名をあげたのは、漫画村のほかAnitube(アニチューブ)、Miomio(ミオミオ)の2サイト。

政府は「最終的にはプロバイダーが自主判断する。政府は環境を整備しただけで要請するのではない」と説明。

次期通常国会での法整備をめざす、としている。

コンテンツ海外流通促進機構は3サイトによる被害額は合計で4千億円超と推計している。

曽我部真裕・京大教授(憲法)は「裁判所などではなく政府が海賊版サイトの内容を判断し、名指しして接続遮断が適当とするのは検閲の恐れもあり、表現の自由の観点から大きな問題だ。

今回の対策が決まるまでの議論が不十分で、検証に堪え得るものか疑問だ」と指摘する。(川本裕司)

とのことで、なんと被害総額は3サイトで合計4千億万円超と推計しているそうです。

これだけ被害が大きいと、「表現の自由の観点から大きな問題だ」と言われても、名指しして接続遮断を要請したくもなるのも頷けます。

漫画やアニメは日本が最も盛んであり、日本のアニメの外国人ファンも年々増えています。

日本は近年オタク文化(アニメやアイドルやゲームなど)で欧米にインパクトを与え、ビジネスの面でも徐々に海外で活躍の場を広げていたので、

日本のアニメ動画サイトをブラックに近いやり方で、海外経由で運営されているとなると、日本政府も黙っていられなかったのかもしれません。

今や漫画やアニメは、日本の文化であり財産でもあるという認識になっているので、自国の大切なものを守るということは、国として当然の動きなのではないでしょうか。

Anitubeファンには罪はないし、規制が残念なことも理解はできますが、ここでこの問題を放置していたら「日本人はどうせ大人しい民族だからやりたい放題だ」と海外に認識されかねませんから・・・(むしろもうされてるかも)。

ということで、見せしめのような意味も含んでの決断なのでしょう。

 

政府のサイトブロッキングに対するネット上の声

そんな政府のサイトブロッキングに対して、ネット上では悲しみのコメントが寄せられたそうです。

Twitterでは「“サイト名”+“悲しい”」のようなワードで検索をすると、本気でサイトブロックを悲しむユーザーが多数見つかるほか、悲しむユーザーを盗人猛々しいと批判するツイートや、海賊版ユーザーを揶揄(やゆ)してネタにするツイートも多数ヒットします。

Anitubeが対象になったことを悲しむツイートを見ていくと「Anitubeはまじかんべん….漫画村のせいでアニメ見れなくなるのつらすぎる…」

「漫画村は分からないけどAnitubeとかは暗黙の了解になってた気がする」

Anitubeで青春時代を過ごしたから無くなったら悲しいといったピュアな声が多く見られます。

ちなみに、この他にAnitube利用者の言い分として目立つものに、「地方でアニメが放送されていないから、Anitubeのような違法サイトに頼らざるを得ない」という意見があります。

スポンサーリンク

一見情状酌量の余地がありそうですが、筆者が今期新しく放送されるアニメ72本を調べてみたところ(※)正規でネット配信されていない作品はわずか5作品でした。

なお、配信が無い作品の内2作品は全国で放送されているNHKアニメで、1作品はBS独占放送のアニメ。

地方でも正規のルートでほぼ網羅することが可能です。

とのことで、ツイッターでは突然のブロッキング推奨宣告に「Anitube」というワードが、Twitterトレンド/Yahoo!リアルタイム検索ランキングで1位を記録したそうです。

それほどAnitubeユーザーが多かったということですね。

利用者側からすると、サイトブロッキングは残念で仕方なかったことでしょう。

もし途中まで見かけていたアニメなどがあったら、残念どころか怒りすらこみ上げてきてしまいそうですね。

しかし被害推定総額を考えると、全ての吉凶の原因は、サイト運営者側にあるということなのではないでしょうか。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)閉鎖についての海外の反応

Anitube閉鎖についての海外の反応はやはり見つけることができなかったのですが、海外の掲示板では「アニメを合法的に見る否か」についての意見交換が繰り広げられていたようです。

以下に、そちらに関する海外の反応をまとめてみました。

合法的な方法でアニメを観ているかのアンケートが話題になっていたので紹介します。

●オンラインのストリーミング(CRとFuniじゃない)とダウンロードを使用してる。
合法的なサイトは金がなくて使ってない。
mangoにはお金使ってるけどよ。アニメ産業の助けにはならないけど。

●唯一合法的に俺が観れる方法はテレビだけど、もうテレビでアニメやってないし。だから今はt*rr*nt使ってるよ。

●いいや。
観たいアニメの殆どはここ数年は商品化されてないし、全くライセンス認証されてない。
まだ観てないアニメのDVD,Blu-rayを買うのは金の無駄もいいところ。

●タダで観れるのに、なんでお金を払わなきゃならないんだ?
日本以外の合法ストリーミングで稼げる金なんて、たかが知れてるだろ。

●合法的に観てるよ。VVVVID(イタリアの合法なストリーミングサイト)で観れるやつは全部観てる。
良いアニメがたくさんあるとは言えないけどな。

●↑そのサイトで観れるアニメ全部観ても、それでも観るアニメの殆どじゃないんだな。
特に英語圏の国だと、合法的にアニメを観るってことがどういうことか雄弁に物語ってるな。

●ちゃんと今のところ2017年の時点では100%合法に観てるし、これからもそうするよ。
2015年からは合法的に観ることにしたんだ。

●↑良かった!
この業界をサポートするのは大事だよね。

などなど、海外でもAnitubeのようなアニメ動画サイトの利用に関しては、日本同様意見が分かれるそうですね。

そして、なぜそもそも「Anitube閉鎖についての海外の反応」が見つからないかというと、こちらをご覧ください↓

こちらのデータは、Anitubeへのアクセス解析結果だそうです。

どの国がどの程度Anitubeにアクセスしているかのデータですね。

つまり、Anitubeを訪れてるユーザーの大多数が日本人だということです。

日本はアニメ大国なので当然の結果といえるかもしれませんが、このデータを信用するならば、海外の掲示板で「無料でアニメを見ている」といった意見がチラホラあることから、海外にはAnitube以外に類似した動画サイトがあるのかもしれません。

先ほどご紹介した「海外の反応」にも、「今はt*rr*nt使ってるよ。

との意見があるように「t*rr*nt」は、別のアニメ動画サイトである可能性が高いのではないでしょうか。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)は復活するのか?

さて、そんなAnitubeは復活するの?との疑問がネット上で投げかけられているそうですが、Anitubeは復活するのでしょうか?

それについて調べてみたところ、ツイッターでは「Anitubeが復活した」とのツイートが流れており、なんとAnitubeのURLまでリンクされていました。

ということで、そのリンクから飛んでいってみたところ・・・

ありました!あのAnitubeが!!しかもドメインを変えて。

が、しかし…

広告多いし、勝手に広告のリンク先に飛ぶし、動画をクリックしてみると「あなたのFlashプレイヤーを最新のものに更新する必要があります」と表示され、動画を見ることができませんでした。

なんだか怖いので、もちろん最新のプレイヤーなんてインストールしていませんが…。

しかし、サイト確認のために3回目に新Anitubeにアクセスすると、「Flashプレイヤー更新」の表示はなくなり、なぜか動画を見ることができるようになっていました。

あれは一体何だったんだろう…。

また、ツイッターでAnitubeのリンクを拡散していた人のコメント蘭には・・・

・「ありがとう!見れた」

・「広告とかあって使いづらい」

・「あのサイトは危険すぎる」

・「ウイルス入ったじゃかねーか」

と、様々な意見があるので、興味がある方は自己責任で探してみてください。

 

現在、Anitube(アニチューブ・あにつべ)を見る方法、解決法は?

現在、Anitubeを見る方法についてご紹介いたします。

現在ネット上にはAnitubeについて様々な情報が溢れ返っていますが、まず「Anitubeはドメインを変えて復活しちゃった」ということ。

そのAnitubeを見るには、自己責任で探して見て下さい」としか言えないのです。

が、個人的にはおススメはいたしません。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)に代わる代用サイト「anitubeX」が出現?移転したのか?

どうやらAnitubeが閉鎖した?と話題になった後「AnitubeX」という無料アニメ動画が出現した、との噂が話題になっています。

ということで「AnitubeX」について調べてみました。

Anitube閉鎖事情が続いている間に、Anitube X(アニチューブエックス)というサイトが目の前に現れた。

もしかして、Anitubeは、Anitube X(アニチューブエックス)という名で復活しているかと多くの人がそう思っている。

Anitube Xの名前がAnitubeにそっくりで、クリックしてみると、同じようにアニメの動画が閲覧出来るし、そして現時点では検索しても普通に表示されることができる。

ただし、サイトを見てわかるように、アニチューブのような日本語の表記はありません。

AnitubeXはポルトガル語と英語のみの表記になっているから、アニメの検索をする際は英語での検索が必須になる。

だそうで、「AnitubeXが誕生していたことは事実」ということです。

Anitubeと名前が似ているどころか、最後のX以外一緒ですからね(笑)。

しかし、この二つのサイトの運営者が同じかどうかまではわかっておりません。

そしてこのAnitubeXにも「危険だ」との警告が出ているので、そちらについてもご覧ください。

Anitube閉鎖された後、Anitubeの代わりになるサイトとして「AnitubeX」アニチューブエックスが多くの人に利用されている。

しかし、アニチューブエックスが利用すると「ウイルスに感染する」と話題になり実際に「ウイルスに感染」したユーザーが急増している。

「ウイルスに感染」のほか、「フィッシング詐欺」に合うという情報も広がっている。

フィッシング詐欺とは、フィッシング (英語はPhishing) とは、カード会社や大手インターネット企業などを装い、Eメールを送信し、「キャンペーン当選」「重要なお知らせ」など巧みな言葉で偽のWEBサイトに誘導し、クレジットカード番号や暗証番号・住所・氏名などの個人情報、さらにあなたの口座からお金など引き出す悪質な行為。

必ずとはいえないが、ユーザー情報を漏れる、ウイルスに感染するといったリスクは多かれ少なかれあるし、海賊版の動画サイトとしていつかまた閉鎖される可能性もある。

その上、英語やポルトガル語苦手の方にとって、Anitube Xで好きなアニメを検索することも難しい。

とのことで「ウイルス感染やフィッシング詐欺にあう可能性や、いつか閉鎖される可能性がありますよ」ということですね。

また、言語に日本語翻訳がなく、英語やポルトガル語オンリーといったことから、不便であるいうことだそうです。

AnitubeXの閲覧に関して、おススメはできないということでしょう。

 

Anitube(アニチューブ・あにつべ)の代わりにアニメや映画・ドラマを無料視聴できるサイトまとめ

最後にAnitubeがなくなって悲しい!!というユーザーのために、Anitubeの代わりにアニメや映画・ドラマを無料視聴できるサイトをご紹介いたします♪

①:KissAnime

公式サイトURL: https://kissanime.ru/AnimeList

「KissAnime(キスアニメ)」とは世界最大と言われる海賊版アニメサイトで、放送終了のアニメや、放送中のアニメなどをすべて無料で見ることができます。

画質も自由に調整できるようになっていて、720pや1080pの高画質で配信しています。

通信速度も速いうえにリンク切れすることもなく、また日本語にも対応しているので、見たいアニメも簡単に見つけることができるので、アニメ好きにとっては最高のサイトです。

ただ、違法アップロードなどが原因で、度々閉鎖されたことがあるのが難点ですね。

こちらのサイトは日本語にも対応し、高画質で視聴することができるアニメサイトだそうです。

すべて無料ですが、Anitubeなどと同じで度々閉鎖されたことがあるそうですね。

リンク先に飛んでみましたが、不審な点は特に見当たりませんでした。

②:AnimeNOVA(旧Anime44)

公式サイトURL:http://www.animenova.org/

AnimeNOVAでは単純にお好きなアニメを見つけることができる。

インターネットからのアニメ資源がいっぱい揃ったため、アニメのジャンルが多岐にわたり、子供向けから恋愛ものまで幅広く視聴できる。

また視聴者が登録しなくても無料でアニメ動画および映画を視聴することができるからとても便利で、アニメ好きなファンの間に大好評を受けた。

とのことで、こちらもクリックしても不審な点は見当たりませんでした。

幅広いジャンルが揃っているのは嬉しいですね♪

③:アニポ

公式サイト:URL:https://anipo.link/

FC2、AniTube、GoGoAnime、KissAnime、B9DMなどにアップロードされているアニメの動画がまとめられているサイト。

海外のサイトではなく国内サイトでサイト内は全て日本語表記で、目的の作品を探すことが便利。

そして実際に視聴した人がその作品のレビューを投稿しており、見た事がない作品でもどんな内容なのか事前に知ることが出来る。

会員登録しなくても動画を視聴することは出来るけど、会員登録すると、評価レビューの投稿、視聴管理機能が利用出来るようになるよ。

会員登録は無料だから気軽に使ってみてもいいと思う。

だそうで、こちらは国内サイトだそうです。

会員登録無料、全て日本語表記なのは嬉しいですね。

また、サイトページの見やすいレイアウトも良いですよ♪

一度試してみてはいかがでしょうか。

以上、Anitubeについてのまとめでした。

<スポンサーリンク>

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)