宮園純子の結婚した夫の梶健司とは再婚だった?若い頃も美人!

宮園純子さんについてご紹介します。

宮園純子さんのプロフィールについて

  • 宮園 純子:1943年5月30日~東京都出身の女優。
    身長158cm。
    エ・ネスト所属。
    俳優・梶健司の妻。

  • 1960年に東映第7期ニューフェイスとして、芸能界デビュー。
  • 以後、映画・テレビ・舞台で活躍。
  •  1960年に東映ニューフェイスの第7期に合格。
  • 同期には三沢あけみ・三島ゆり子・結城美栄子がいる。
  • 東映へ入社後、映画・テレビ・舞台で活躍。
  • 特にTBSの時代劇『水戸黄門』の霞のお新役で、
  • 初代風車の弥七(中谷一郎)とのおしどり夫婦は人気を集めた。

とにかくドラマや時代劇や舞台など、幅広く活躍されていた彼女ですが、その中でも彼女の不動の地位にしたものとして有名なのが水戸黄門ではないでしょうか。まさに「はまり役」で本当に知らない人いないっていうぐらい有名になりましたね。
水戸黄門を見てると必ず出てくる夫婦でしたから、本当に有名でしたね。

弥七が有名でしたが、その妻としての存在がポイントだったからこそ、その名前が売れたとも言えますね。

2014年にTBSで放送された月曜ゴールデンの「十津川警部シリーズ51」に復帰しましたが、すぐに所属していた芸能事務所の公式プロフィールが削除されましたね。恐らく引退されたと思います。

つい最近のことだとはいえ、引退されたという事ですが、とても寂しく思いますよね。
水戸黄門の当時のことをご存知の方にとってはいつまでも若々しくこのままずっと活躍されているものだと思っていた人も多いでしょう。
時代の流れには逆らえないと痛切に感じますね。
ただ、事実かどうかは分かりません。

結婚した夫の梶健司とは再婚だった?

スポンサーリンク

旦那さんは梶さんと言いますが、違う人と間違えられた事も多かったり、再婚だったからかあまり知られていなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

宮園さんのご主人は俳優の梶健司さんです。
ただ、再婚かどうかは・・・。
宮園さんと言えば昭和30年代は青春映画のヒロインの友達とか姉とかの役で40年代になると任侠映画の、これまたヒロインにつながる脇役の多かった女優さんです。
流れが変わったのは藤純子さんに続く女優が育たなかった為、初めて宮園さんを汚れ役の「般若のお百」などの毒婦伝シリーズに起用したところ予想外のヒットになりました。
今でも覚えている新聞の宣伝コピーは「競艶!二人純子の助っ人は、今をときめく高倉、若山」です。
一本は藤純子さんの主演で健さんが助っ人、もう一本が宮園さんの主演で若山さんが助っ人。
この時代劇主演が評価されて水戸黄門に起用されたのだと思います。
お新も風車の弥七と結ばれるまでは黄門様を狙う悪女でしたから、ピッタリのイメージだったのでしょうね。
東映の正統派お姫様女優の流れを組む最後の女優さんだったと思います。
結婚したいと思った方も多かったでしょうね。

ここにも書かれてある通り、彼女の旦那さんについて間違われるようですが、梶さんという方です。この方についていろいろ調べてみました。
しかしながら、ほとんど情報として書かれていませんでした。
ですので詳しい状況がよくわかりませんし、プライバシーとして2人の生活がどのようなものだったのかということもよくわかりません。
また彼自身もそれほどたくさんの作品にでているわけではなく、一時期だけ出演されているだけでしたので、ほとんどの情報がないのはそのまま役者として続けていないためではないかと推測します。
彼女自身がとても有名な人でしたので、その分名前もでなかったのかもしれません。

 

若い頃も美人!

美しさもさることながら、人柄も優れた人だったようですね。

宮園純子さんとはすごく昔、NET放送の「風来物語」と言う番組で、同じシーンでの出番はなかったのですが、化粧室で一緒になった事がありました。

私が15歳の時だったと思います、宮園純子さんを始めてみた時本当に綺麗な方だと感激したのを覚えています。

「純子ねーさん」と呼ばせていただきました、とても優しくて、女優さんとしてすごい方なのに、驕ったとこなんてまったくなく、素晴しい人です。

家が近所でしたので、撮影所やロケ現場まで、よく車に乗せていただきました。

単に美しいというだけでなく、おごったところが無かったり、
優しく接するところは、
本当に大女優なんだなと感じます。

他にもこんな意見が。

私は素浪人月影兵庫や花山大吉での若い頃の宮園さんに輝くような美しさに惚れ惚れとしてしまいます。
特に花山大吉の16話の居酒屋の伊七の女房・おたみ役、38話のお絹(まぼろし小僧)、51話の綾乃(実は鳳来さなえ)が秀逸でした。今の時代でも当時の若い頃の宮園さんは美人といっても過言ではないでしょう。今女優として一番憧れの女性が、当時の若い頃の宮園さんです。皆さんにも是非その美しさをご覧になって頂きたいと思います。

日本人らしく和服が似合う美人ですね。

<スポンサーリンク>
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.