白竜の結婚した嫁や子供について。自宅が豪邸すぎる!

白竜さんについてご紹介します。

白竜さんのプロフィールについて

白竜/白龍は、日本の俳優、ミュージシャン。
在日韓国人2世で戸籍名は田貞一、通名は高山 貞一。
かつて芸能事務所クリームインターナショナルに所属していた。
身長178cm、体重68kg、血液型O型。
既婚。

とてもいかつい目線でテレビの画面に出てくると思わずのけぞってしまいたくなるような恐ろしい感じがしますが、バラエティーなどで出てきた場合にその笑っている顔を見るとほっとする瞬間があります。
本当はやさしい人なんだなということがにじみ出てくるような人です。

若者にない渋さ・重厚さとアウトロー性を共存させた内・外面を生かし1984年『いつか誰かが殺される』を皮切りに、ヤクザ映画・Vシネマがメインだが『その男、凶暴につき』(1989年)、『セラフィムの夜』(1996年)などに出演。

現在、ヤクザ映画では若頭など組織のナンバー2、性格は冷酷非情な策士という役が多い。
例としては『首領への道』、『白竜』、『炎 極道地獄変』、『極道の紋章』など多数。『逆境無頼カイジ』では声優として初出演した。
また、同アニメのエンディングテーマ『負け犬達のレクイエム』を歌った。

関西弁の強面の役が多いため、普段から関西弁と思われがちだが、本人は佐賀県出身で東京の暮らしも長いため、関西弁はあまり得意ではない。
アドリブで関西の怖い兄貴をバラエティで演じた際に「あかんやろ」を「だめでっしゃろ」と関東のイントネーションで話し、それまで怖がっていたナインティナインに「(逆に)可愛くなってる」と言われ、本人もイントネーションや言葉がおかしいことでつい笑ってしまっていた。

こういう茶目っ気のあるところが、茶の間の中であらわれているのではないでしょうか。
テレビで見てるときや映画で見ている時などは少し怖い感じがしますし実際役としても悪い役が多いものですが、現実にこの方とあって話をすれば、きっときさくな感じがしますから。
すぐに溶け込むのではないでしょうか。

スポンサーリンク

白竜さんですが、今現在の活動ですが、映画の出演が多かったようですが、最近では、バラエティー番組の出演が多いようですね。

今回は『アウトレイジ〜最終章〜』に出演されていますから、当分の間は映画のPRでメディア出演が増えるでしょうね。

以前出演の『有吉反省会』では、白竜さんのコワイというイメージの他の部分も垣間みる事ができたようですから、これを機にコワイ役柄ではない出演オファーが来るかも知れませんね

スポンサーリンク

ドラマや映画だけでなくいろいろな形でテレビ出てくると本当に嬉しいです。
笑うと本当に笑顔がとてもよく似合いますので、とても気さくな感じであり、性格が明るいことがうかがい知れますよ。


ドラマ映画などに出てくる登場人物と違って、本当にすてきな人ですので、見たことがない人はぜひ作品をご覧になってください。

結婚した嫁や子供について。

白竜さんの今現在は結婚して子供はいるのでしょうか?

白竜さんは、今現在は2歳年上の妻がおり、子供はいないとされています。

またどんな方かは、公にされていません。

白竜さんの年齢からすると、もし子供がいればもう30代半ばくらいでしょか?

記載された内容か結婚はされていますが、お子さんがいないということでしたよね。
もしお子様がいたら、ちょうど俳優になっていて、親子ともども共演していたのかもしれないと思うととても残念だと思います。
素晴らしい才能を持った人ですので、その遺伝子を持った子供ができたらとてもうれしかったのですが、残念で仕方がないですね。

ところが・・・

「メレンゲの気持ち」という番組に奥様と息子が登場してきました。
娘さんは何とヘアメイクも仕事しているということ。
小島よしおと飲みにいったことがあると言われたようで驚く小島よしお。
家族はみんな仲よしの雰囲気であることを、小島よしおに褒められ 、V シネマのイメージを壊しかねないほどすてきな白竜さんでした。

これは現実に登場してきていますので本当にいたということの実証ができましたね。
しかも息子さんだけでなく、娘さんがいるってことわかったのも大きな収穫です。

自宅が豪邸すぎる!

とにかく家の中にはサングラスが非常に多く用意されているということ。
玄関だけでなく洗面台にも、もちろんリビングにもあります。
あらゆるところにサングラスを置いているのは、映画に出演されたとき。

つけていてかっこよかったからだそうです。

これらのグラサンがコレクションで200本以上あります。
これらを置くことができる家だから豪邸と言えますね。
豪邸すぎるとの噂は、役の中にあったのかもしれませんが、大きな自宅であるのは間違いなさそうです。

素晴らしいご自宅であることは間違いなさそうですね。

一度拝見してみたいですね。

<スポンサーリンク>
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.