横内正が元タカラジェンヌの誰と事実婚なの?堀越陽子との離婚理由や子供はいるの?

横内正さんについてご紹介します。

横内正さんのプロフィールについて

横内 正は、旧満州・大連生まれ、福岡県北九州市育ちの俳優及び声優。
愛称は「ヨコ様」。
福岡県立若松高等学校卒業。TYプロモーション所属。

愛称はヨコ様なんですね。

なんだか韓国俳優のヨン様みたいですね。
渋いのは昔からですね。

人生楽ありゃ苦もあるさ。まさにこの言葉を体現するような波乱の人生を送っているのは、国民的ドラマ『水戸黄門』(TBS系)で初代・格さんを演じた俳優・横内正(75)だ。

今でこそ、この番組が無くなり、水戸黄門という人物がどう言う事をしていたのかを知らない人も増えてきていますが、水戸黄門と言えば、付き人の2人が有名で、その中の格さんを務めていたのがこの横内さんだったんですね。

『水戸黄門』では初代・渥美格之進役を8年間(800回以上出演)、『暴れん坊将軍』では初代・大岡忠相役を19年間(600回以上出演)演じたことで著名。実は前者が初の本格的な時代劇出演で、しかも撮影初日が炎天下であった(本人は「『これからどうなるのか』と思ったのをよく覚えてます」とコメントしている)。
格さん=印籠を出す」という流れが定番となっているが、これは当時の助さん役の杉良太郎よりも声が大きかったため(「最初は、毎回印籠を出していたわけではなくて、今のスタイルが定着したのは始まって3年くらい。印籠を出さないと視聴者からクレームがくるようになってね。ファンの声で定番を作っていったドラマでした」と述べたことがある)。なお、格さんのイメージが定着し過ぎることを恐れ、6年目頃から自ら降板を申し出た。

スポンサーリンク

われわれが知る水戸黄門のイメージを作ってくださった人なんですね。
印籠をだすなんて今でもよくテレビでコントなどでやっていますが、定着させたのがこのときだったというのも、すごくその功績はありますね。

 

元タカラジェンヌの誰と事実婚なの?

横内の浮気相手と報じられたのが、2005年7月に横内が設立した新事務所の社長となったAさん(47)だった。
元タカラジェンヌで横内との共演経験もある。
当時、Aさんは女性週刊誌の取材に「横内とは特別な関係ではございません」と語っていた。それから10年余。
今も横内と寝食をともにしているのは他ならぬAさんだった。

というのが週刊誌に取り上げられました。では結婚しているんだと考えるのが一般的な考えですが・・・。

「離婚騒動時は“愛人”と騒がれましたが、当時は交際にはまで発展していなかったようです。
ですが、横内さんの離婚が成立してからは、完全に女優業から身を引き、公私ともに横内さんを支えている。
ただし結婚に2度失敗している横内さんは彼女と籍を入れず、事実婚を選んだそうです」(前出・演劇関係者)

スポンサーリンク

と言う事です。結婚は懲りているから・・・分かりますが、
女性としてはどうなのでしょうか。
やっぱりきちんと籍をいれて夫婦になりたいと思うのではないでしょうか。

 

では一体ダレ?

事実婚で騒がれている人は一体ダレなのでしょうか。

事実婚相手は元タカラジェンヌの詩笛立季さんです。

あくまで内縁関係を否定するのは、2人の静かな暮らしを守りたいからなのか。
横内がAさんという“最後の伴侶”を何より大事にしていることは間違いない。

2回離婚を経験してきていますので、次の結婚には慎重になっている面もあるでしょうし、何よりも彼女の事を大切に思っているからではないでしょうか。
そっとしておくべきでしょうし、なにかあれば発表してもらえることを信じるしかないでしょう。

元宝塚の方と事実婚なんてスゴイですよね。

 

堀越陽子との離婚理由や子供はいるの?

堀越 陽子(ほりこし ようこ、女性、1950年(昭和25年)11月4日 – )は、日本の女優。
本名および旧芸名は堀越 光恵
東京都中野区出身。

「ポスト藤純子」として期待され、本名の堀越光恵名義で『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』、『仁義なき戦い 代理戦争』などに出演後、1974年(昭和49年)の『学生やくざ』から芸名を堀越陽子と改名。
山下タダシ主演の『ザ・カラテ』シリーズで活躍。
1976年(昭和51年)以降は以降はテレビドラマに活動の比重を移し、様々なジャンルの作品で活躍した。

きれいな方ですね。

その離婚理由について

その2人がなぜ離婚になったのでしょうか。

2人は結婚24年。陽子さんは横内の個人事務所の役員だったが、今年7月に横内は陽子さんに無断で新会社を設立、同時に自宅を飛び出した。

9月に、離婚を前提とした自宅(ローン残)以外の財産の提出を請求し、生活費や子供のひとり娘(23)の学費などのストップを通達してきたという。

横内の浮気について陽子さんは「確実なのは2人」と話したが、離婚を求める理由はわからないといい、「きちんと生活費を入れていただきたい。結果的に離婚になるにしても、このような兵糧攻めのようなやり方は許せない。話し合いの場を持って欲しい」と訴えた。

堀越さんは、横内に生活費を求める「婚姻費用分担請求」の第一回調停が11月17日に開かれることも明らかにした。

これが真実であるならば、かなり一方的ですね。
もちろん2人の事は2人にしか分かりませんが、ちょっと強引なような器もします。
もう少し話し合いの場があればよかったですし、勝手に話を進めていけば誰だって怒りますよね。

 

子供について

上にも書いていますとおり、生活費や娘の養育費・・・となっていますので、お子さんがいてるようです。子供といっても、もう十分に大人ですが、それでも急な展開ですね。
別れたら尾張ではなくさいごまできちんと責任を取って欲しいです。
それがあるからこそ、事実婚のままなのでしょうか。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.