安川結花が現在と過去で全然違う。

今回は、安川結花さんについてご紹介します。

安川結花プロフィール

【生年月日】 1986年11月13日
【出身】 青森県
【最終学歴】 日本映画学校俳優科卒業後ニナガワスタジオを経て現在
【血液型】 A型
【サイズ】 身長162cm
B85cm / W53cm / H85cm / S22.5cm
【特技】 クラリネット、バスクラリネット、剣道、ハンドスプリング
【資格】 第四級アマチュア無線技士
【所属】 アロッタファジャイナ

安川結花さんは、「東京タワー」「デスノート」といった有名作にも出演されている女優さんで、舞台にも数多く立たれています。

そんな、安川結花さんですが、女優の顔からは想像もつかない顔も持たれてました。

過去にはプロレスラーも?!

”レスラーガールズ”という舞台での愛川ゆず季さんとの出逢いが、安川結花さんをプロレスラーの道へと進むきっかけを与えました。
安川結花さんは、女子プロレス団体”スターダム”のプロテストを受けることに・・・。

2011年11月14日に無事プロテストに合格、プロレスラーとしてスタートされました。プロレスラーとして活動している時は、”安川悪斗”と名乗り全く別の顔になっていたのです。


女優をされている時のお顔が可愛いだけに、そのギャップに驚かされますね。

プロレスラー引退の理由は?

2015年12月23日に、世iv虎との顔面崩壊凄惨マッチ(2015年2月22日の後楽園)での負傷により、プロレス人生を終えられています。

顔面崩壊させられた過去の画像

スポンサーリンク

これは、波紋を呼ぶのも納得ですね。完全に顔の形がおかしくなっていますから。

世iv虎(よしこ)が、制御不能になり安川さんの顔面を崩壊させるほどパンチをしてしまったこのマッチ。

もはや、プロレスでも何でもなくケンカです。当然のごとく、世間から猛烈な非難を浴びることとなった世iv虎。その後、責任をとるカタチでプロレスラー引退となりました。

もともと、仲が悪かったようで、試合で白熱する中プチっと切れてしまったんでしょうね・・・。女性だからこそ、原形をとどめていない安川さんのお顔が余計に痛々しく見えてしまいますね。

もともと、仲が悪かったようですが、安川さんへの嫉妬も要因だったのでは?!と噂されました。

結局、復帰するべく頑張っていた安川さんも、目の負傷により引退を余儀なくされてしまいました。当事者が二人とも引退してしまうという、とても残念な結果となりましたね。

ファンのショックも大きかったでしょう。

がむしゃらって?!

映画『がむしゃら』監督 高原秀和

“悪の女優魂”のキャッチフレーズでリングに上がる
現役女子レスラー・安川惡斗さん。

その姿を追ったドキュメンタリー映画です。

安川結花さんの壮絶すぎる過去も、しっかり描かれている作品で、その壮絶すぎる人生に絶句してしまうほど。

中学では、イジメにあってしまい引きこもり、自分を傷つけていた時期もあったそうです。さらには、白内障・バセドウ病・解離性人格障害といった病気も患うなど、まさに波乱万丈といえます。

白内障になった原因は?

白内障は、イジメで殴られたことが原因だそうで、手術もされたとか。
イジメの酷さも伺えますね。

スポンサーリンク

顔面崩壊マッチで負傷する前から、この右目は白内障が原因でほとんど見えていなかったといわれています。そこに来ての、負傷だったので引退の道しか残っていなかったのでしょう。

更なる悲劇・苦難続き

さらに衝撃を受けたのが、レ〇プにあっていたということ。洗剤を飲み自らの命を終わりにしようともされたんだとか・・・。

聞いてるだけでも、辛く苦しいですよね。
祖父・祖母の介護や兄の反抗期、そんな時に父は単身赴任といろいろ重なって、家庭環境も問題を抱えていた状態の中、まさにがむしゃらになって、生き抜いてこられたようです。

バセドウ病って?!

バセドウ病は甲状腺の働きに異常を来す病気で、甲状腺ホルモンが必要以上に生産されてしまいます。

甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を高めるホルモンであるため、このホルモンの異常高値によって代謝が異常に活発になることで、心身に様々な影響を及ぼす。

普通の人の2・3倍も、体力を消耗するとてもしんどい病気です。

バセドウ病の症状

・甲状腺が腫れる
抗体による持続的な刺激により、甲状腺の細胞増殖・血管拡張・血流増加などから甲状腺が腫れてしまうことです。甲状腺のある首の前面部分が膨らみ、首が太ったように見えます。

・眼球突出
目が出っ張ってくる(3人に1人くらい)

・甲状腺中毒症状
甲状腺ホルモンには新陳代謝を活発にする働きがあります。そのため、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることによって以下のような症状があらわれます。

・発汗過多疲れやすい息切れ動悸頻脈
全身の代謝が亢進することにより、エネルギーの消費が増えこのような症状となってあらわれます。

・体重減少
代謝が亢進しており、食欲はあるのに食べても太りにくく体重が減ることもあります。

・軟便下痢
腸管運動が亢進することによって起こります。

・手の震え
筋肉や神経系の亢進により起こります

・怒りっぽくなるイライラする
中枢神経系も亢進するため精神状態にも影響を与えます。
この他にも皮膚の痒み・暑がり・筋力の低下などがあります。

しかも、プロレスラーになる時にはすでに発症されていたそうです。

歌手の綾香さんが、バセドウ病であることを公表されたことで多くの人に知られましたね。

高校時代に演技の世界に魅了

心身ともに、ズタズタに傷つき、苦難だらけの安川結花さん。

高校3年生の時に、演劇部に入部することとなりました。
そして、徐々に演技の世界に魅了され始めるのですね。

過去に写真集発売?!

安川結花さんは、過去に写真集も発売されています。
女優さんでは珍しいグラビアショットがたっぷり!

セクシーな安川結花さんが見られる写真集です。

なんといっても、安川結花さんはFカップ!!

顔面崩壊マッチで欠場している時に、食生活を改善。

毎日たらふく飲んでいた芋焼酎をプロテインにするなど根本から体づくりを見直したそうです。すると、DからFへと2サイズアップしたんだとか。

男性陣は、目が釘付けになっちゃうのではないでしょうか?プロレスラー時代の安川悪斗さんの姿と並べると、同じ人の姿とは思えません。

現在は女優業

女優から、女優兼プロレスラーを経て、現在は再び女優業に専念。

辛い経験をしたからこそ、別の自分になれる女優という仕事に魅かれたのかもしれませんね。

とてもお綺麗なので、いろんな役に挑戦して女優としてもっと輝いてほしいですね!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.