山本學の兄弟は山本圭と山本亘で俳優3兄弟?息子や若い頃について。

今回は俳優の山本學さんの噂について紹介します。

テレビドラマ、映画、舞台などで活躍しているベテラン俳優、山本學さん。

近年の映画だと「永遠の0」で武田貴則役を好演されて原作を読破したファンからもイメージ通りだったと高く評価されました。

最近では大河ドラマ「おんな城主 直虎」で瀬戸村の長老「甚兵衛」役で主人公の直虎に「徳政令」を直訴したり、彼女に協力するという重要な役どころを演じています。

今日は名脇役として活躍するベテラン俳優、山本學さんのご家族についてなど検索して調べてみたいと思います。

【俳優】山本學 プロフィール

山本 學(やまもと がく、1937年1月3日 – )は、日本の俳優。たむらプロ所属。山本 学表記での出演作も数多く、クレジットが「山本學」に統一されたのは、1990年代半ば以降である。大阪府茨木市生まれ、東京育ち。成蹊中学校・高等学校卒業、俳優座養成所第7期生。父は建築家山本勝巳。

人物・来歴

スポンサーリンク

テレビドラマでは医師役が多く、中でも1978年に『白い巨塔』で演じた内科医・里見脩二役は代表作の1つ。
1966年には養成所時代から10数年交際していた水野久美と結婚したが、1969年に離婚。その後、広島原爆の被爆者である一般人の女性と再婚したが、2007年に死別。

2012年9月の自民党総裁選挙では、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人を務めた。
1953年に起こった日章丸事件で、舞台となった出光興産所有のタンカー・日章丸の船長であった新田辰男は伯父にあたる。

あの名作「白い巨塔」はいつ見ても面白いですよね。

山本圭と山本亘で俳優3兄弟?

「山本學」さんの弟は俳優の「山本圭」さんと「山本亘」さんです。

【俳優】山本圭

プロフィール

山本 圭(やまもと けい、1940年7月1日 – )は、日本の俳優。大阪府大阪市生まれ。身長167cm、血液型はO型。成蹊大学政治経済学部を中退。妻は小川誠子。父は山本勝巳、父方の叔父は山本薩夫。兄は山本學、弟は山本亘。有限会社活動屋所属。趣味は渓流釣りと囲碁。

受賞歴

1962年(昭和37年)エランドール賞
NHK映画新人賞:『陽のあたる坂道』(1968年)
第22回(1967年)毎日映画コンクール助演男優賞:『若者たち』、『君が青春のとき』、『陽のあたる坂道』

スポンサーリンク

ドラマ、映画、舞台などを中心に幅広く活躍されている俳優さんです。

養命酒のCMではお兄さんの山本學さんとご結婚されている奥さんと共演されています。

余談ですが、お兄さんである山本學さんの代表作が「白い巨塔」で演じた内科医・里見脩二役ということで里見先生がすすめるなら間違いないだろうとCM放送当時、養命酒を購入した方もいらっしゃるようですね。

【俳優】山本亘


画像は三谷幸喜さんの50周年記念映画祭で挨拶する山本亘さん

プロフィール

山本 亘(やまもと せん、1943年1月21日 – )は、日本の俳優、声優、ナレーター。東京都出身。身長165cm。体重55kg。

成蹊大学政治学科、桐朋学園大学短期大学部(現:桐朋学園芸術短期大学)芸術科演劇専攻、フランス・ジャック・ルコック学校各卒業。兄は同じく俳優の山本學、山本圭。父は建築家の山本勝巳。叔父は映画監督の山本薩夫。劇団俳優座、仕事に所属していた。

お兄さんたちと同様、テレビドラマ、映画などを中心に俳優として活動してらっしゃいます。
兄弟が三人とも俳優なんてスゴイですね!

息子や若い頃について

山本學さんの息子についてですが、ネットで検索した所いらっしゃらないようです。もっとも一般人の場合は情報が出ていないという可能性もあります。

少なくとも1969年に離婚した女優水野久美さんとの間に子供は生まれていないようですし

再婚された一般人の女性とは2007年に死別されているとのことですからお子さんがいらっしゃる可能性は低そうです。


画像は若い頃の水野久美

もし、水野久美さんとの間に子供が生まれていたら高確率でかなりのイケメン、もしくは美女が生まれていたのではないかと思われるのですが……。

若い頃について

当初は建築家の父を継ぐつもりであったが、たまたま見た芝居の舞台装置に興味を持ち、弟・山本圭の友人だった東野英心の父・東野英治郎に相談し、1955年に俳優座養成所第7期生となる(同期は水野久美、大山のぶ代、井川比佐志)。

山本學さんの父親

山本勝巳 (建築家)
山本 勝巳(やまもとかつみ、1905年12月9日 – 1991年9月23日)は、日本の建築家。

作品
富山市郷土博物館(富山城)(1954年、登録文化財)
天山文庫(川内村、1966年)
美ヶ原高原ホテル
竹風堂(小布施町、1970年、現・自在屋)
菊の湯(松本市、1976年)
木暮山荘(渋川市伊香保町、1977年、現・木暮茶寮)
会津武家屋敷日新館(会津若松市、1987年) など

最初は建築家を目指してらっしゃったんですね。
建築家をされてたお父さんは息子が三人とも俳優になって、さぞかしビックリされたでしょうね。

<スポンサーリンク>
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.