渡哲也の嫁さんの画像。息子は鹿島建設のナイスガイ?

今回は、俳優の渡哲也さんについて紹介します。

渡哲也さんとは?

渡哲也さんはこんな人

本名:渡瀬 道彦
生年月日:1941年12月28日
出身地:兵庫県淡路島
身長:180cm
血液型:B型
趣味・特技:ゴルフ、空手2段、柔道初段、たき火

プロフィール

昭和40年 日活映画「あばれ騎士道」でデビュー
昭和48年『くちなしの花』で全日本有線放送大賞金賞受賞
昭和51年 『やくざの墓場 くちなしの花』で毎日映画コンクール男優演技賞と
ブルーリボン主演男優賞受賞

テレビ、映画、CM、歌に舞台と様々な分野で活躍する、昭和を代表するスターの一人です。
渡哲也さんの代表作は、「大都会シリーズ」や「西部警察シリーズ」など数多くあります。

現在は闘病中

突然、胸の痛みと息苦しさを訴えた渡哲也(73)。妻・俊子さん(72)が熱を測ると、体温計は38.8度を示していた。嘔吐感もあったため、すぐに俊子さんは夫を連れて病院に向かったという――。

スポンサーリンク

俳優・渡哲也が急性心筋梗塞のために緊急入院していたことが明かされたのは2015年7月17日だった。

「7月17日は、故・石原裕次郎さんの命日です。毎年、横浜市の総持寺で法要が営まれますが、この日、渡さんの姿はありませんでした。法要終了後に彼の病気のことが明かされました。入院した6月10日、すぐにカテーテル手術を受けたそうです。入院期間は7月11日までの31日間でした」(芸能関係者)

「奥さんの適切な判断が渡さんの命を守ったといえますね」と語るのは、渡が入院していた病院の関係者。

「まさに早期発見・治療でしたので、手術は1時間30分ほどで成功しました。CCU(心臓血管疾患集中治療室)では早期リハビリが開始され、数日後に一般病棟に移ることができました。渡さんの奥さんは1カ月、病室に泊まり込みで看病していましたね」

渡が俊子夫人とハワイで2人だけの結婚式を挙げたのは’71年3月のこと。2人はもともと青山学院大学の同窓生、大恋愛の末に結ばれた2人だったが、順風満帆とはいえなかった。結婚生活も44年になるが、その間に渡は何度も病魔に襲われているのだ。結婚翌年の’72年7月、渡が東映京都撮影所でのテレビドラマ撮影中に高熱を出して、京都大学附属病院に運び込まれたこともあった。

「精密検査の結果、胸膜炎と診断され、俊子さんの伯父が院長を務めていた都内の病院に転院。入院生活は2カ月に及びました」(前出・映画関係者)

その後も何度か入院を経験したが、結婚から20年後の’91年には直腸がんが発見される。

「がんのことは、まず俊子さんに伝えられました。大手術が必要なこと、場合によっては人工肛門になること……。俊子さんは渡さんに伝えるべきか悩みました。しかし“主人に嘘はつけない”と決断したのです」(渡夫妻の知人)

まるで看護に明け暮れていたようにも思える俊子さんの結婚生活だが、現在も渡のリハビリのフォローに尽力しているという。前出の渡夫妻の知人は言う。

スポンサーリンク

「渡さんの退院前から、俊子さんは自宅にリハビリ用のマシンを運び入れていました。室内ランニングやウォーキング用のトレッドミルや、自転車のようにペダルを踏んで運動するマシンなどですね。マシンを使用する運動のほかにも、階段の昇り降りもリハビリになりますが、俊子さんはいつも付き添っているのです」

俳優復帰に向け、夫婦二人三脚の闘いは続いている。

 現在は闘病中で、以前のようにメディアに登場する機会は少なくなりました。

実弟は俳優の渡瀬恒彦さん

デビュー以降は映画を中心に活動していましたが、やがてテレビドラマにも多く出演していくようになり、1992年から始まった「十津川警部」、2002年からの「おみやさん」、2006年からの「警視庁捜査一課9係」などの警察シリーズで人気の高い俳優です。
そんな、渡瀬恒彦さんですが、2017年3月14日に多臓器不全のため、都内の病院でお亡くなりになられました。

兄弟で共演する場面は今後みられることがなくなりました。
素敵な俳優であったので、その姿が見られなくなるのは残念です。

家族とは?

嫁さんはどんな人?画像は?

渡さんは、青山学院大学経済学部卒業後の1971年に同じ大学の同級生の、俊子さんという一般女性と大恋愛の末に結婚されています。

一般の方ということもあり、画像は見つかりませんでした。
また、あまり多くの情報は見つからなかったのですが、渡さんと言えば幾度となく大きな病を
乗り越えられているので、近くで支える頼もしい女性とういうことは伺えます。

子どもはいるの?

息子さんが一人いて、小学校から高校まで青山学院で過ごし、大学卒業後は「鹿島建設」で勤務されているようです。
大学ではアメリカンフットボールをさてていたナイスガイで、その息子さんも、大学時代の同級生と結婚されて温かい家庭を築いているとのことです。
渡哲也さんが病気で倒れた際に、自宅をバリアフリー化されたそうです。
息子さんご夫婦も渡さんの自宅近くに引っ越してきたそうです。

親思いの優しいお子さんですね。
息子さんも一般の方ということもあり、こちらも画像は見つかりませんでした。

<スポンサーリンク>
関連記事



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.