塩谷司の嫁は広島のタレント?写真は?弟は?円形脱毛症なの?家族は?

今回は、塩谷司さんついて、ご紹介したいと思います。

生年月日: 1988年12月5日 (28歳)
生まれ: 徳島県 小松島市
身長: 182 cm
体重: 80 kg
所属チーム: サッカー日本代表 (ディフェンダー)
wpid-20110306032447.jpg
楽しんごさんによく似てる!?っと思ってるのは私だけか?

嫁は広島のタレント?

嫁さんの情報をさがしましたが。

まず塩谷司選手の話題となっているものとしては嫁や弟やジャニーズについてですね。
サッカー選手はモテモテってことで結婚相手も当然気になるところです!
中高時代の部活の中でもサッカー部はモテる部活の代表で、皆が彼女と楽しいひと時を過ごしていましたからね!
つまりサッカー選手はモテる!
2016年現在27歳の彼の場合は既に嫁と子供がいます。嫁に関しては何と広島でモデルをしていた美人らしく活躍の幅も広かったらしいですよ!
嫁に関しては美人ということで色々と情報も出ているのですがモデルということくらいしかわかっていないのが正直なところです。
モデルとはいっても本当にローカルで活躍している人もいれば全国的に活躍している人もいますからきっとそこまで有名ではない人なのかな。
画像について探してみたけれどあまりそちらの情報も出てこなかったので美人ではあるけれどあまり知る方はいないという感じでしょうか。
ただモデルと結婚できるなんて塩谷司選手はやはりモテるってことですね!
出会いの馴れ初めに関しては友人の紹介飲み会という可能性が高いですね。
案外有名人同士の結婚というのは紹介で出会ったというものが多いものです。

噂では奥さんは塩谷司選手より年上。

塩谷司選手のあこがれであった宮本恒靖(みやもと つねやす)同じディフェンダーであり、宮本の奥さんも姉さん女房です。意識があるんですかね。

写真は?

a138.jpg

もしかしたらこの右端に写っている女性かも

弟は?

なお、弟の話題に関しては、3人兄弟だということです。
昔からあまり裕福な家庭ではなく大学を卒業後は地元に戻って社会人として就職して家計の手助けをしつつ弟の大学進学費用のために一般職に就職しようと思っていたこともあるそうです。
サッカー選手として諦めないで努力したことが報われて良かったですね!
ジャニーズにたまたま同姓同名の人が所属していたことがあるようで本人とは全く無関係のようです。

家族のために自己犠牲をしようとする精神が素敵ですね。

スポンサーリンク

円形脱毛症なの?

塩谷司さんは円形脱毛症に悩んでいたこともあったそうです。
2013年頃円形脱毛症だったと言われています。
プレースタイルで悩んでいたんですかね?なかなか思い通りにいかなかったのかもしれません。
でもその円形脱毛症が癒えないのに金髪に大変身したという強者ですwww

メンタル部分でも成長したんですね。日本代表を自覚してと感じました。

さらに

広島移籍直後は森保監督の下徹底した戦術面での指導を受け、円形脱毛症を発症するまでに思い悩んだ過去を持つ塩谷選手そのような壁を1つ1つ乗り越え現在では日本屈指のCBへと成長を遂げました。
かつてはプロへの進学を諦め、弟の大学進学への学費を稼ぐため、企業への就職を考えていたともいわれる塩谷選手。
結婚し家庭を持った現在でも家族思いの人柄として知られています。
叩き上げの努力の天才塩谷司に注目です。

スポンサーリンク

本当に活躍してほしい選手です。

家族は?

2014年9月29日には長女も誕生しています。
結婚したことにより責任感がでてプレーにも凄みが出てきたのかもしれませんね。
結婚が良い方向になったんでしょう。
家族のために頑張って欲しいですね。
でもサッカー選手ですし男の子も欲しいかもしれませんね。まだ若いですし子供も作って欲しいです。
お嫁さんは一般女性と言うことで情報がありませんでしたがサッカー選手のお嫁さんて皆さん綺麗な人が多いので。
塩谷さんのお嫁さんも綺麗なのではないかと勝手に思っていますw幸せなら良いですよね♪

うーん。

興味がありますね。

かなりの美人というが。これからも探求します。

「塩谷司」の画像検索結果

塩谷選手には2人の弟さんがいらっしゃるそうで、『塩谷3兄弟』として有名だそうですね。
弟さんたちのお名前は、塩谷星矢さん、塩谷ふうたさんと言うそうです。
彼らもサッカー(フットサル?)をされているようですね。

写真は弟・塩谷せいやさんです。

似てますね。

父の他界と、二人の恩師

大学3年の夏になると青雲の志をどこかに置き忘れ試合に出るチャンスを貪欲に追い求める気持ちも薄らいでいた。
「次のオフはどこに遊びに行く?」そんなことばかりを友だちと言い合い渋谷に通った。
「どうせ俺はダメなんだ。サッカーなんて何も楽しくない。大学なんて進学しなければよかった」ネガティブな思いが胸のうちを支配していたそのとき徳島の母から一本の電話が掛かってきた。
「お父さんが、倒れた」慌てて、帰郷。しかしくも膜下出血に冒された父はそのまま帰らぬ人となった。
「サッカーなんてやっている場合じゃない。どうせ試合にもあまり出ていないんだし」葬儀が終わり現実に戻ったとき彼は決意していた。
徳島に戻って仕事につき家族を支えることを。
国立大学に入ったばかりの弟もいる。末弟はまだ中学生だ。
何よりも生涯の伴侶を失った母を支えてやりたかった。
だが、当時国士舘大の指揮をとっていた細田三二監督は「大学を中退したい」と電話で連絡してきた塩谷にこんなメッセージを送った。
「授業料も寮費のことも大学として相談に乗ってやる。せっかく3年まで頑張ったんだ。卒業はしておきなさい」信じがたい話だった。
絶対的なレギュラーでもなくむしろ腐りかけたことが何度もあった。
そういう選手に対して厚くサポートしてくれるという。心が動いた。母に相談した。
「大学の監督が(卒業まで) 続けたらどうだって言ってくれるんだ」「うん……。あと1年半、何とかするから」後に母は「あのときのあんたの顔はまだサッカーをやりたそうだったからね」と彼に語っている。
もちろん長男が帰ってきてくれればどれほど心強いか。それでも母は息子の気持ちを尊重したいと願った。
だからこそ、彼は決意する。
「俺はプロになる。稼いで家族を楽にしてやるんだ」4年の夏その年に国士舘大のコーチへ正式に就任したばかりの元日本代表DF柱谷哲二に向かい男は思いをぶちまけた。
「プロになるためならなんでもします。どうすればいいのか教えてください」翌日、闘将は男に告げた。
「俺は、お前の言葉をしっかりと聞いたぞ。覚悟しておけ」走る。戦う。身体を張る。
そして何よりも高いモチベーションと意識付け。
サッカー選手として必要なベーシックな部分のほとんどは柱谷がたたき込んだ。
もともと体の強さやスピードたくましさは生まれもった素質としてあった。
ボランチでプレーしていたこともあり足元の技術も確かだ。
身体の中に眠る巨大な潜在能力は塩谷自らも含めて発見できてはいなかった。
ただ一人、柱谷哲二を除いては。

さすが、元日本代表柱谷。

一流人は一流人を見つけることができるんですね。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.