小日向文世の元カノは有名女優の誰?嫁や息子について。

今回は俳優の小日向文世(こひなたふみよ)さんをご紹介します。

小日向さんは現在63歳。言わずと知れた名バイプレーヤーですよね。

そんな小日向さんのご家族や、プライベートが気なったので調べてみました!

昔はイケメンだった!

小日向さんは北海道出身で、高校を卒業後デザイン専門学校へ進学のため上京します。

しかしここで18歳となった小日向さんの身に、悲劇がおこります。

スキー行った際に複雑骨折をし、骨盤や大腿部の筋を移植するなど、2年間で8回もの手術をおこないました。そのため専門学生としての生活を棒に振るハメに…。

事故の後遺症は現在にも残り、肘を完全に曲げることはできないそうです。

ですが、この入院中に看護師の彼女ができたそうです。

スポンサーリンク

ただ、この彼女は小日向さんが上京後、別な男性と婚約をされてしまったそうでお別れしたとか…。

そのつらい生活のなか、自分に言い聞かせたんです。

「小日向君、かわいそうに。これからは好きなことだけをやりなさい」って。これだけ痛い思いしたんだから、今後の人は好きなことをして生きていこうと、そう心に決めたんです。」

その後、辛い思いを払しょくするために好きなことをやろう!と決意。今度は写真系の専門学校へ進学。

しかしこれも違う…と、専門学校を卒業後、22歳で俳優を志します。

文学座への入団にチャレンジしますが失敗。ですが中村雅俊さんのコンサートスタッフとして声がかかり、中村雅俊さんの付き人を8ヶ月ほど勤めていたそうです。

左が小日向さんだそうですが、長髪なので雰囲気が違いますね!

改めてみると、堺雅人さんと雰囲気が似ているかもしれません。

元カノは劇団女優?

そしてその後ついに23歳で、劇団「オンシアター自由劇場」へ入団しました。

1977年、23歳で串田和美が主宰する「オンシアター自由劇場」に入団する。

1996年の解散まで19年間在籍し、劇団の看板女優吉田日出子の相手役を務めた。

看板女優の吉田日出子さんは現在73歳。小日向さんの元彼女で、同棲をしていたそうです。

10歳年下の小日向さんとお付き合いしているのもなかなかですが、なんと実は俳優の高橋克典さんとも同棲をされていたとか!

ウチくる!に出演された際、劇団同期の方が小日向さんが大女優に恋心を抱いていたと語られたり大物女優と沖縄旅行をされたとの話だったそうですが、もしかしたら、吉田日出子さんのことだったかもしれませんね!

番組の最後に劇団時代の同期が2人現れて小日向さんの過去について暴露します。

小日向さんが過去に同じ劇団でとても好きだった大物女優さんがいたとその同期の人が話して

いましたが、それを口にした瞬間、小日向さんが本気で「その話は絶対にダメだよ!」と焦っていました。

放送できないくらいの大物女優で言われたら気まずいことがあったのでしょうね。

劇団が解散してからその大物女優さんと会う機会がなくなり、つい最近何十年かぶりに共演したと言っていました。最後にその大物女優さんの名前を言ってくれるのかな?と期待していましたが番組内では放送されることはありませんでした。

女優の吉田日出子が、21歳年下の高橋克典との同棲していたことが発覚したのは95年のこと。当時まだ高橋は無名だった。大先輩女優の吉田は、高橋にバイクを買い与えたりするなど、公私ともに面倒を見ていたそうよ。やがて2人は関係を解消。高橋は04年にモデルと結婚してる。

21歳の年の差というと親子にも近い年齢差ですが、きっと面倒見の良い女優さんなんでしょうね。

ですが、残念なことに吉田日出子さんは現在『高次脳機能障害』という病気に罹り、闘病中です。

女優吉田日出子(70)が高次脳機能障害であることが27日、分かった。 

けがや病気で脳に損傷を負うと、記憶障害や注意障害などの症状が出て、普通に生活することが難しくなるもので、28日発売の著書「私の記憶が消えないうちに」(講談社)で明かした。 吉田は07年に主演舞台を降板したが、以前からせりふが覚えられず、通い慣れた道に迷うこともあった。 診断の結果、脳の前頭葉に傷が見つかり、高次脳機能障害と判明した。 10年に復帰した代表作「上海バンスキング」の稽古場ではせりふや歌詞を忘れることもあったが、共演者がフォローした。 

スポンサーリンク

こちらの劇団は残念ながら1996年に解散となりましたが、小日向さんは19年間在籍をされていました。

しかしその時、小日向さんは42歳。結婚されお子さんもいる状態。苦難の時期でしたが、奥様のささえと励ましがあり、人生の転機ともなる『HERO』への出演が決まり、現在の小日向さんの活躍につながっていきます。

劇団員として活躍していた39才の時に11才年下の奥さんと結婚。2人の息子をもうけるのと前後して42才で劇団が解散した。貯金もなく仕事もそれほど入らない。そんな生活が5年も続いていた2010年、『HERO』の初回シリーズへの出演が決まった。

では、そんな奥様はどんな方なのでしょうか。

嫁は?

お二人の出会いの馴れ初めは、小日向さんは1993年39歳のとき、一般人(同じ劇団の元女優)であった奥様とお付き合いの末結婚をされます。年の差は11歳だったとのことですので、39歳28歳での結婚でしょうか。

3年間、劇団に内緒で交際をされていたそうです。

残念ながら奥様の写真や詳しいプロフィールは見つかりませんでした。

ですが、小日向さんはとても愛妻家だとか!

ただし、私生活は完全に“白”。休日は家にこもって観葉植物の水やりや淡水エビの飼育に時間を費やす。高校生と大学生の息子とは寝る前と出かける前に必ずハグ。奥さんにも毎日“行ってきます”のキスは欠かさない。もちろん唇にだ。「女房へのキスは結婚して21年ずっと続けています。家を出る時、飼ってるトイプードルと一緒に、チュッチュッて(笑い)」

毎日奥様とキスを欠かさないとは…素敵な旦那さんですよね。

小日向さんは奥様と離れたくないため、長期の仕事は極力断っているそうです。

とにかく家に居たいがために海外の仕事は極力断るようにしているとのこと。でもたまに海外に行くと奥様はほっとするという。また自分が出た作品の感想を奥さんによく聞くのだが、一度小日向さんの作品と奥さんが好きな岡田准一の作品が重なってしまい奥さんは岡田くんの作品を見に行ったらしく、小日向は「それはないでしょう」と思い出し怒った。

奥様は岡田准一さんのファンなんですね。

また、奥様は真田丸で豊臣秀吉役を演じる小日向さんのために、ダイエット食を作ってくれたおかげで小日向さんは4キロも痩せ初ダイエットは成功されたそうです。炭水化物を抜くダイエット法だったとか。

決してふとい体型ではありませんが、役に対する心構えが伝わりますね!

北野武監督の『アウトレイジ』で演じられていた、目の奥が笑っていない怖い役柄のイメージが強いのでとてもホッとするエピソードです!

子供は?

ではお子さんはどんな方なのでしょうか。

1995年小日向さんが41歳のとき、第一子である長男がうまれます。

その後1998年小日向さんが44歳のとき、第二子である次男がうまれます。

子供は男の子が2人です。お名前や詳しいプロフィールは不明でした。

家族への愛情が深く、大学で演劇部に所属している長男、次男とはハグをかわし、そして妻とは毎日「行ってきます」のキスを欠かさない。

現在長男は21歳で大学生。次男も18歳ぐらいですのでおそらく大学生ですね。

明治大学や慶應大学では?とのウサワもあります。

父親のことを尊敬する、優しい息子さんに育っているようです。

おしゃれイズムに出演された際は、息子さんにご自分の名前をエゴサーチしていることもバラされていました。「小日向」「こひ」など名前を入れて検索をされているそうです。おちゃめな一面もありますね。

長男も演劇部に所属ということは、そのうちテレビや舞台で小日向さんの息子さんを見かける日がやってくるかもしれませんね!楽しみです!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.