左とん平は現在何してるの?過去3度逮捕された理由とは?

左とん平さんについてご紹介します。

左とん平さんのプロフィールについて

生年月日:1937年5月30日 (80歳)
出身地:北区
身長:
163 cm
左 とん平は、日本の俳優。
東京市王子区出身。
しまだプロダクション所属。
世田谷学園高校卒業。

左とん平の父親は元郵政省の役人。
退官後には旅館業や飲食店をい経営しており左とん平にも寿司屋の経営を任せます。

しかし稼いだお金をそのまま使い仕込みに必要なお金もなくなって失敗。

三木鶏郎の元で下積みをしており左とん平という名前も三木鶏郎が名付け親。

1957年には高校の同級生の辻しげると劇団を結成して三木鶏郎の冗談工房に入りその後テレビに出演し人気となります。

そもそも幼少時からどちらかというとお金に関するもめ事が多いように思われます。
役柄もそれに反映してか、どちらかというとやんちゃな感じの役が多かったように思いますが、憎めないのが彼の人徳ではないでしょうか。


愛らしい顔とちょっといたずら好きの顔がまざった本当に個性派俳優だといえますね。

スポンサードリンク

 

現在何してるの?

名脇役俳優として知られる・左とん平さん(80才)が、2017年6月現在、体調不良で都内の病院に搬送され、緊急手術を受けていたことがわかりました。
原因は心疾患でしたが、現在は快方に向かっているとのことです。

そんな左とん平さんですが、実は3度の逮捕歴があるなど、けっこうヤンチャなキャラでもあります。

体調不良の理由は心疾患で、心臓の緊急手術を行い、退院までにはしばらく時間がかかる模様です。
2017年6月中旬には、ミュージカルコメディー「死神」が関西などで公演予定ですが、緊急手術した左とん平さんは降板は避けられないようです。

2017年5月30日に80才になった左とん平さんですが、休みなく多忙なスケジュールで仕事をしていたので、体を休めるいい機会にはなったと思います。

確かに、舞台で、映画・テレビドラマなど、どこかに必ずお見かけしたのは、左さんではないでしょうか。
それぐらい愛嬌があって、国民から愛されるようなキャラクターだったと思います。
その彼も実は年齢を見てみるともう80にもなっていたんですね。
それがとても驚きです。
いつまでも若いと思っていましたし、若く見えるのでまだまだ頑張れるものだと思っていました。
やっぱり年齢を結構かさねていますので、無理をせずにこれからも頑張って欲しいですね。

 

過去3度逮捕された理由とは?

スポンサードリンク

左とん平は1976年10月にもトランプでお金をかけて王子署に逮捕をされています。

その後1981年1月にも東京都内の一流ホテルの貴賓室でポーカーでお金をかけていたために再度逮捕。

左とん平ら13人の客がいて1回30万から50万をかけて全員の合計金額は1億5千万だったという。

ちなみに胴元の儲けは500万円で左とん平は50万負けています。

2度目は1981年で大ブレイクしていた時期だったため、世間からバッシングもされました。
1981年1月26日、場所は都内高級ホテル。
ポーカーを400回行った賭博容疑で逮捕。
掛け金は総額1億5千万にも登っていたとか。

逮捕されたものの、当時は帝劇「華麗なる遺産」に出演中だったので、なんと翌日に釈放されています。
現在では考えられないですね。

度重なる不祥事を受けて、左とん平さんはついに、謹慎を受けるのです。

謹慎中には、当時から左とん平さんを支えていた、大先輩の小林桂樹さんが励ましに訪れていたのです。

この訪問が左とん平さんにとっては、忘れられない出来事になったのです。

このかたにはげまされたら嬉しいでしょうね。

こういう?遊びができているのもこの当時ならではだと思います。
この頃は本当に芸能人は遊びに関しては予想外ぐらい遊んでいたとか逮捕されるなんて想像の域を超えますね。

しかもそれが一度ならず、三度もやってしまうのですからある意味違った角度で見るとかれは大物です。
しかしドラマの撮影だからといって翌日釈放されるなんて今の時代ではとてもではありませんが、考えられないですね。

 

意外な理由とは?

「バクチはストレス解消なんだよね。もちろん80%はやられるよ。でも、負けてもストレスにならない。むしろ、負ければそれが働く意欲になるから。それにしても、今までどれぐらい負けたかな? 2億、いや3億…、イヤになっちゃうから考えるのはやめとこうか(笑い)」

やめたくてもやめられないというよりもどちらかというと、それをすることによって、負けることがわかり、むしろ負けることわかっていても、そのために、一生懸命仕事するという意味ではすごいと思います。
負けていてもそれで十分やっていけるのはそれを上回るだけのの収入があったからであり、その収入を稼ぐためにも自分自身が一生懸命だったからだといえます。
ある意味賭け事というのは自分自身に対するご褒美だったといえるのでしょうね。
まあもうそろそろゆっくりと余生を過ごされるとよいでしょうね。
ファンならそう願っています。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)