三原じゅん子の元夫のコアラとの馴れ初め&離婚理由は?秘書の中根雄也との関係は?

三原じゅん子さんについてご紹介します。

三原じゅん子さんのプロフィールについて

三原 じゅん子は、日本の政治家、元女優・歌手、元介護施設経営者、元カーレーサー。
以前は本名で活動。
血液型はB型。
自由民主党所属の参議院議員、自民党女性局長、参議院厚生労働委員長。
東京都板橋区出身。

どちらかというと最初の頃のイメージは不良少女みたいな感じがありましたね。
派手な感じで近づきがたいようなイメージがありましたが、年齢を重ねてからはすごく知的な女性のイメージができてきたと思います。


また、コアラさんと結婚したのもちょっと意外な感時だったのもそうですが、国会議員になった時などさらに驚いた方も多かったのではないでしょうか。

 

元夫のコアラとの馴れ初め&離婚理由は?

歳の差結婚で5歳もありますし、ほとんどコアラがひも状態でしたから、三原さんがいやになるのもわかりますよね。
姉さん女房に対して、コアラは「甘えん坊」。
最初のころは良くても、段々と飽きてきますよね。
直接の離婚理由はコアラの浮気だといわれています。
ヒモなのに、浮気もすれば、そりゃ三原さんもさめますよね。
馴れ初めよりも、離婚して半年でコアラと再婚しているのですから、そちらのほうがおどろきます。

これだけの話を聞いていると、「なんて男なんだ」と思うかもしれませんが、そんな男を選んだ三原さんにももしかしたら責任があるかもしれませんね。
また、彼自身がここまでこれたのも、やはり彼女自身が甘やかしたというのもあるかもしれません。
とにかく彼女にとっては、あまりいい思い出がない人かもしれません。

 

コアラのプロフィールについて

スポンサードリンク

1991年に「コアラ」(結成当時は「しんや」)の芸名で、大学の同期生のおさるとお笑いコンビ「アニマル梯団」を結成。コンビ時代は浅井企画に所属していた。

女優の三原じゅん子と1999年11月28日に結婚したことを2000年1月に発表。
同時にアニマル梯団は解散し、おさるは浅井企画に残る一方でコアラは三原の所属事務所に移籍した。

事務所移籍後は音楽活動にも進出、Dual Dreamの小島健二らと3人組バンド「江戸フィッシュ」を結成し、リーダー兼ボーカルを務める。
2003年2月14日にデビューシングル『ボディアタックNo.1』をリリース。

スポンサードリンク

2004年4月1日、「有限会社T-JACK」を設立。
自らが社長となり、三原らが所属する(現在は三原が代表取締役)。

2004年12月31日放送の日本テレビ『細木数子の大晦日スペシャル!!全て見せます六星占術』で「家庭を良くしたい」と言う事を理由に細木数子に改名を相談。
細木のアドバイスで、コアラから「ハッピハッピー。」に改名した。
ちなみに、元相方のおさるも2004年にすでに細木の勧めでモンキッキーに改名していたが、2012年に「おさる」に再改名している。

2007年10月6日、三原と正式離婚。
原因を自分の浮気と認め、その浮気相手と交際宣言している。

当時はどちらかというとおさるとコンビを組んでいたというイメージが強いですし、その頃のままで芸を磨いていればいまとは全然変わっていたのではないかと思います。
やはり三原さんと出会ってからはなんだかコレでいいやみたいに落ち着いてしまって面白くなくなってしまったのではないでしょうか。
もったいない才能の持ち方だったと思います。

 

秘書の中根雄也との関係は?

自民党の三原じゅん子参院議員(52)が10月26日、元公設秘書の中根雄也氏(28)と結婚すると発表した。
日刊スポーツによると、二人は約1年前に知り合ったとされ、2016年8月から交際をスタートしたという。

三原氏はこの日未明、「結婚のご報告」と題するブログを投稿し、中根氏について「神奈川県藤沢市にて政治家を志し、各級議員秘書として仕事をされてきた」などと、紹介した。
今後については「お互いに、政治の仕事に専念し、今迄以上に神奈川、、、日本の為に『チーム神奈川』の同志として精一杯取り組んでいく所存でございます」と意気込みを見せた。

また、中根氏も自身のFacebookページに結婚を報告。
「今後はお互いに仕事、家庭と尊敬し信頼できるパートナーとして、支えあっていく所存でございます」などとつづった。

なお、私設秘書に替えているが、三原さんの事務所の関係者は「慣れっこ」なのかも しれない。

彼女の今の立場を考えると、このひとと一緒にいた方がずっと彼女の株も上がりますし、これから国会議員としてそして政治家として生きていくという考え方でも彼とあっているように思います。
また、彼女自身も政治家となって、どんどんと成長しているように思いますので、これからも精進を重ねて、もっともっと素晴らしい政治家になってもらうことを期待してやみません。
また彼自身も彼女の支えになるだけでなく、どんどんと国政に進出し頑張ってもらいたいなと思います。

これからは政治家として活動していきますので、年の差で行けるのとか関係なく、お互いが信頼しあってもっと精進していてもらえたら、国民も地域の人たちも安心していただけるのではないかと考えます。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)