六角精児ってダウン症なの?嫁はいるが結婚歴の回数が3回って本当?

六角精児さんはダウン症なのか、結婚歴が多いなどの噂が立っているみたいなので、今回はその辺りの話について色々と書いていきたいと思います。

 

六角精児について

まずは六角精児さんについての簡単なプロフィールです。

本名 山地 克明(やまじ かつあき)
生年月日 1962年6月24日(55歳)
出生地 兵庫県高砂市
国籍 日本
身長 175 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台、テレビ、映画
活動期間 1990年代 – 現在
配偶者 既婚(3回離婚歴あり)
著名な家族 山地悠一郎(父)
所属劇団 劇団扉座
事務所 舞プロモーション

俳優としてかなり幅広い演技で大活躍している方ですね。

電車男や相棒などに出演しています。

趣味はギターや歌

六角精児さんは実は趣味はギターや歌をやっているみたいなのですが、CDを出しているんです。

音楽活動に関しては、1996年に六角精児バンドというバンドを結成し、2014年には「石ころ人生」というアルバムを発売させています。

スポンサードリンク

本業でもないのにCDを出したりバンドを結成しているのはすごいですね。

才能を感じます。

 

ダウン症疑惑?

さて、俳優として活躍している六角精児さんですが、実はダウン症なのではないかという噂がされているのです。

しかし、これは事実無根の噂であり、ダウン症である根拠は全くないのです。

噂になってしまった原因としては六角精児さんの「顔」。

六角精児さんの顔がダウン症である場合の顔の特徴に似ているから噂が立ってしまったようですね。

 

ダウン症の特徴は

ダウン症の特徴としては以下の通りになります。

1、目の外側が斜めに傾いていること

2、生まれて間もない頃からパッチリ二重なこと

3、鼻が低いこと

4、顔が平坦

5、後頭部が平べったいこと

確かに、六角精児さんの顔の画像を見てみてみると一致している部分はありますね。

これが原因で噂になってしまったようです。

スポンサードリンク

 

結婚歴がやばい?結婚回数が3回って本当?

さて、次は結婚歴についてです。

実は六角精児さん、2初婚から今まで3回離婚をして、4回結婚歴があるのです。

どうやら離婚を繰り返してしまっている理由としては「ギャンブル」みたいですね。

 

結婚相手について

結婚相手について1回目から現在の相手までについて書いていきたいと思います。

 

1回目の相手

21歳の頃に結婚した相手で、19歳の頃から2年付き合っていたみたいですね。

しかし、ギャンブルにハマったことにより六角精児さんが多額の借金を抱えるようになると、家から消えていたようです。

わずか2年の結婚期間で幕を閉じました。

 

2回目の相手

35歳の時に結婚した相手ですね。

この方には好きな人ができたということを告げられ、離婚至ったそうです。

 

3回目の相手

41歳の頃に結婚した相手はなんと六角精児さんよりも20歳も年下とのこと。

この相手との子供を授かりますが、奥さんが妊娠した際に実家に帰ったきり戻って来なかったみたいですね。

理由に関して詳しいことはわかりませんが、ギャンブルが理由である可能性は高いですね。

もしかしたら借金を抱えていたのかもしれません。

 

現在の相手

2011年に結婚した現在の奥さんは2番目に離婚した女性の方らしく、再婚という形になりますね。

現在の奥さんに関してですが、残念ながら今の所詳しい情報は一切ありませんでした。

 

ギャンブル依存症?

六角精児さんが今までの奥さんと別れた理由でもあるのがギャンブルですが、六角精児さんは過去にギャンブルのせいでかなり苦労した生活を送っていたみたいです。

あまりにもギャンブルにハマりすぎて500万円の借金を作ってしまったこともあったみたいで、大学生の時はギャンブルのせいでかなり金欠だった模様。

六角精児さんの大学時代かそれであったということになりますが、その時は、560円で2週間生活したというようなこともあったというのですから、どれだけ大変に生活をしていたのかというのが伺えます

2週間で560円ていうと相当辛い生活ですよね。

とはいえ、ギャンブルで生活が苦しくなってしまうということは自業自得というべきなのかもしれません。

 

 モテる?

4回もの結婚歴を持っている六角精児さんですが、その結婚歴を見れば分かる通り女性にモテるみたいです。

女性からどんどん寄ってくるのだとか。

お世辞にもイケメンとは言えない六角精児さんですが、どのようなところがモテるのか気になったので少し調べてみました。

僕みたいにダメなヤツを「私が救ってやらなきゃ」
と思う女性って、結構いらっしゃるんですよね。

と本人が言っているみたいです。

ということはきっと女性の母性本能のようなものをくすぐるのがうまいということでしょう。

尽くしたい女性の方や面倒をみたい女性の方というのは世の中に多いですから、うまくそこをついているということですね。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)