竜雷太の息子が韓国で活躍してる!病気で死去はいつって噂?

竜雷太さんといえば、1972年からスタートしたテレビドラマ、「太陽にほえろ!」で、ゴリさんとして知られていますが、最近では「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」にも出演され、若い人たちの間でも知名度が上がっています。竜雷太さんに病気説や死亡説があるようですが、そんな竜雷太さんについて紹介いたします。

 

竜雷太さんといえば

青春ドラマ

竜雷太さんは、日本大学藝術学部を中退された後、お芝居の勉強をするために、単身でアメリカに渡られています。そして、帰国後、端役でドラマに出演されていたところを、日本テレビのプロデューサー岡田晋吉さんの目に留まり、テレビドラマ「これが青春だ」の、主人公に抜擢されました。

竜さんが演じられたのは、劣等生のかたまりである2年D組を、受け持つことになった、若く型破りな先生の役でした。竜さんのさわやかな男前ぶりが、はまり役でしたね。このドラマは大ヒットを記録し、竜さんはブレイク!東宝青春シリーズの第3弾「でっかい青春」でも、引き続き、主演を務めることとなったのでした。

竜雷太さんのデビューは1970年当時流行っていた青春スポ根ドラマの先生役でした。
この頃の先生役といえば、中村雅俊さん、村野武範さん、神田正輝さんなどそうそうたる俳優さんが先生を演じていました。

 

ゴリさん

スポンサードリンク

若い方は知らないかもしれませんが、竜雷太さんといえば、やっぱり「太陽にほえろ!」のゴリさん

ゴリさんのキャラクター設定としては、

警視庁きっての射撃の名手で、凶悪犯対策の狙撃チームのメンバーに抜擢された事もあるが、射殺には人一倍苦悩し、間違いを起こさないように自身の拳銃には弾を入れていない。
必要な時に一発だけ入れている。若手に対するコミュニケーションもよく取れる人間好きな男である。とあります。
「太陽にほえろ!」といえばそれぞれの刑事のキャラクターとニックネーム、そして殉職シーンが有名ですが、ゴリさんの殉職シーンは、殉職ラッシュのラストを飾るのはこの人、ドラマ開始当初からのレギュラー陣の一人でもある、石塚誠刑事(竜雷太)、通称ゴリさんです。
七曲署内のムードメイカー的な役割もつとめるその明るく熱血なキャラ、そしてそんなキャラクターとは相反するほどの凄腕スナイパーとしての顔も持つ個性派刑事のゴリさん。
若手を引っ張り若手の教育係的役割を果たす一方で、ボスや山さん、長さんといったベテラン刑事たちと若手刑事たちとの間をつなぐ潤滑油的な役割を果たしていた、七曲署ではとても重要な人物であったことは間違いありません。

そんなゴリさんは1982年(昭和57年)10月、覚せい剤事件に関与した暴力団との銃撃戦後、工事現場で覚せい剤常習者から被弾して倒れます。病院へ搬送途中の救急車の中、ボス(藤堂俊介)と婚約者の麻生晴子(水沢アキ)の見守る中、息を引き取りました。

ゴリさんの死によって、放送開始当時からの七曲署刑事はボスと山さん(露口茂)の二人だけになってしまったのです。

いつも必ず必要な役で出演させていますね。

 

息子さんは?韓国で活躍しているの?

竜雷太さんの息子さんは、長谷川陽平さんというギタリストだそうです。韓国で、ギタリスト、音楽プロデューサーとして、活動されているのだとか。

2012年から、「チャン・ギハと顔たち」という、バンドに参加されていますが、それまでも、長きにわたり、韓国で様々なバンドのメンバーとして、活動されてきたそうです。

スポンサードリンク

チャン・ギハという名前で韓国で活躍していましたが、どうやら韓国のテレビ出演の際にお父さんが竜雷太さんだと明らかになったようです。

20日の夜に韓国で放送された総合編成チャンネルJTBC「アブノーマル会談」にはチャン・ギハが出演して、「ずっと韓国語の歌詞だけ作りたい僕、異常ですか?」という案件を上げた。

この日の放送でチャン・ギハは「僕から出演したいと伝えた。基本的に多様な文化の違いに関心が高いため、出演して話し合うと楽しいはずだと思った」と告白した。これにMCであるタレントのチョン・ヒョンムは「チャン・ギハと顔たちのメンバーの中で日本人がいるじゃない?」と聞き、チャン・ギハは「長谷川陽平が日本人だが、韓国の名前でヤンピョン兄さんと呼ぶ」と答えた。

これを聞いていたCROSS GENEのタクヤは「僕も知っている方だ。父親が日本でとても有名な俳優で、僕が好きなドラマに出演した」と明かした。

これにチャン・ギハは「竜雷太という俳優だが、韓国の俳優に比較するとイ・スンジェさんのような国民的俳優だ」と明かして、周りを驚かせた。

竜雷太さんの息子さん、チャン・ギハさんは最近3年付き合った彼女と破局してしまったようです。

IU(アイユー) とチャン・ギハが破局した。約3年の熱愛に終止符を打ったのだ。

IUの所属事務所LOENエンターテインメント側の関係者は23日、OSENとの取材で2人の破局を確認し、「良い先輩と後輩の間柄に戻ることにした」と明らかにした。

破局の正確な理由はプライベートだということで明らかになっていないが、忙しいスケジュールなどのため自然に遠のいたものとみられる。多くの恋人たちがそうであるように。

恋人が出会って別れるのは自然なことだが、特にIUとチャン・ギハの破局のニュースを残念に思うのは、約3年という長い時間、お互いに対する応援を惜しまない微笑ましいカップルであったためだ。

かわいい彼女ですね。

別れたのがとても残念です。

 

病気なの?死亡説も?

なぜか、竜さんを「死去」「死亡」で、多くの人が検索されています。
これはどうやら、ドラマの中で、竜さんが亡くなる役を演じておられたことが、原因のようで、1982年の「太陽にほえろ!」の第525話で、殉職するゴリさん役。
2012年の「37歳で医者になった僕・研修医純情物語」の第8話で、医師の誤診が原因で亡くなってしまう、入院患者の伊達孝仁役。
2013年の「劇場版 SPEC〜結〜漸ノ篇」で、やむなく、仲間に撃ち殺された野々村光太郎役。と、竜さんは、亡くなる役が、とても印象的なので、調べられているようですね

と死亡説、病気説は全くの誤報のようです。

2017年4月から放送中の相葉雅紀さん主演の月9ドラマ「貴族探偵」にも出演されていますし、ますますお元気に活躍されています。

竜雷太さん、そして息子さんのチャン・ギハさん、竜雷太さんの現在について紹介してきました。1970年代から現在まで長く活躍されている竜雷太さん。
同世代から若い人まで幅広く知られている名優さんであることは間違いありません。

<スポンサードリンク>

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)